東京BRTで行く、港町晴海のキッチンカー出没場所

東京BRTが報道とともにスタートしました。実際のところ湾岸住民が都心に出易くなるだけで、大多数の都民には無関係と冷めた目で見られているかもしれません。

しかしこのバスには、逆方向に利用して虎ノ門ヒルズ・新橋の人混みから港町晴海へ向かい、タワマンのフードワゴンを激すいてる水辺公園で楽しむという利用価値があります。

東京BRTで行く、港町晴海のキッチンカー出没場所

フードワゴン(キッチンカー)は、車で弁当を作り、売っている移動販売車です。よくオフィス街で出ているので、見たことがあるかもしれません。

ちょっとニッチな楽しみとして、今回は綺麗でリッチなベイエリアの庭園で、このキッチンカーを利用する方法をご提案します。

夜のキッチンカー

ちなみに夜景も素敵な場所です。そしておあつらえ向きにキッチンカーは夜も営業しています。

いまキッチンカーを使うメリット

BRT、キッチンカー、晴海公園と、マニアックなキーワードのオンパレードですがまず改めてキッチンカーの魅力を下記簡単にお知らせします。

キッチンカーのメリット

・人口が多く、飲食店の少ない場所に出没する→都市公園や広場など快適ですいているインフラが近くに隠れていることが多い

・まだ経済合理化、商業主義に染まっておらず、良い出来立てが食べられる確率が高い

・非チェーンの珍しい個人店ばかりであり、意欲のあるオーナー店員に差配してもらえる確率が高い

・屋台チックないでたちの店で買うインスタ的面白さ、同じ場所でも日によって違う店がある一期一会の運任せ的な面白味

・複数台集まる傾向があるので、ドリンクだけ、弁当だけなどそれぞれで買って混用できる

が主なメリットです。価格帯はコンビニ弁当より高く、飲食店と同等かやや安い程度です。

要するに、これまで優れて快適なものの寂れていた広場公園などが、キッチンカーの存在によってちょっと賑わいと楽しみのある場所に変わるポテンシャルがあるということです。

キッチンカー出没場所の見つけ方

キッチンカーはいま、開業ブームともいえそうな状況になっています。キッチンカーやフードワゴンで検索すると車両や開業ノウハウなどの情報ばかりかかり、過熱ぎみです。

このため、逆に食事する側の立場でキッチンカーの来ている場所を紹介したサイトが見つけづらい状況にあります。

キッチンカーの出没場所を調べるには、ウェブサイトではなくSHOP STOP というアプリを使うと便利です。

キッチンカー出没場所の見つけ方

使い方は簡単で、インストールしてGPSを許可すれば、地図上で近くにある出没スポットが表示されますから、タップすれば店の種類と出店予定日、出店予定時間が表示されます。

shopstopの使い方
shopstopメニュー

今までキッチンカーを利用するのは、勤め先のオフィス街や、レジャーで行った先に偶然停まっていて訪れるといったパターンが多かったと思います。

しかしこのアプリを使えば網羅的に近所のキッチンカー出没場所と予定を把握できるので、偶然任せでない意図的なフードワゴンの使い方ができるようになります。

キッチンカーの楽しみ方

SHOPSTOPアプリを使うと沢山のキッチンカー出没場所が見つかりますが、大半はオフィスやタワマンのそばにあります。

キッチンカーの楽しみ方

しかしオフィスやタワマンには楽しい食事場所がありません。キッチンカーを楽しむには、そのための調べ方をする必要があります。

快適なものの駅もなければ用事もないような地図のはしっこ、隠れ里のようなスポットを探して、キッチンカーの出没する時間帯だけを把握して訪れるのです。

地図の端っこを探す

通常考えにくい場所での食事を可能にすることで、すいていて快適な隠れた場所がより楽しい意味を持ちます。

そのひとつが今回紹介するBRTの終着点となった港町晴海の端っこにある、晴海公園です。

駅から遠い上にタワマン住民以外誰もBRTを下り利用しないので、便利なのに恐ろしく空いていて快適です。アプリで場所と時間を確認したら、さっそくBRTに乗り行ってみましょう。

BRT+キッチンカー+晴海公園

キッチンカーを意識したBRTの乗り方

BRTは虎ノ門ヒルズか新橋駅、勝どきから、概ね15-20分に1本の間隔で晴海に向けて毎日すでに運行しています。

時間を気にせず適当に買い物したり、飲んだりして遊んだ後ふらっとバス停に行けばさほど待たずに乗れます。

キッチンカーを意識したBRTの乗り方

バスの車両電光板には出発時刻が表示されているので、いちいち事前に時刻表など調べなくても適当に行って待てばすぐ乗れます。

行き先も1種類(晴海)しかないので、なにも迷うこともありません。運賃は220円均一です。

珍しい連節バスを体験したい場合は、虎ノ門ヒルズ以外の新橋、勝どき、晴海からのみ1時間に一本だけの運行になっていますのでそこだけ注意が必要です。

BRT連節バス

晴海へは到着まで片道だいたい20分くらいです。アプリでキッチンカーのいる時間帯と曜日を念のため確認しておきましょう。

晴海公園のキッチンカー出没地帯ですが、2020年10月現在は、昼11:00-14:00と夜17:00-19:00に数台来ています。20:00くらいまで残っている場合もあります。

虎ノ門ヒルズBRTバス停

昼なら13:00まで、夜なら18:00までにはBRTのバス停に行くようにすると良いです。

晴海のキッチンカーは、平日は時々来ない曜日があります。土日休日は来ています。

ショップカー

時期によっては、珍しい飲食以外のショップカーも来ていたりします。

ちなみにBRTは上り下りとも始発7時ごろ、終バス10時台まであります。あまり気にしなくても乗り逃すことはないでしょう。

キッチンカーで食事を買う

終点の晴海バス停に着くとすぐ気づくと思いますが、周りになにもありません。だから住民以外誰も来なくて空いているわけです。

バス停と周辺の位置関係は下図の様になっています。

キッチンカーで食事を買う

BRTバスターミナルから海側にあるタワマンのふもとにキッチンカーは居ます。そのままバスターミナルの南出口を出るとすぐ、キッチンカーが見つかるはずです。

BRT晴海南出口

セブンとファミマもタワマンの1階に入っていますから、酒を買うのも良いでしょう。BRTで来たのですから酒が飲めます。

キッチンカーにありつけなかった場合は、ターミナル北出口からすぐのトリトンスクエアに行ってみましょう。

BRT晴海北出口

トリトンは各店舗がテイクアウト弁当を用意しており、選択肢豊富で楽しめるのでキッチンカーが居ない場合はお勧めします。

複数キッチンカー

晴海公園そばにキッチンカーが複数台来ていることもあります。ちなみに筆者のおすすめはキッチンカー 西京屋 周 のお弁当です。

キッチンカー西京屋 周

ちょっと男っぽいフォントデザインの看板ですが、けして大味でなく彩り香りともに備え、良い位置でバランスしている弁当です。

最近は毎週日曜に出没しており、品質の割に価格は妥当かやや安く満足できると思います。

晴海公園でのんびり過ごす

晴海公園には芝生とベンチが豊富にあり、時たまポップアップテントを張っている人もいます。テントが許容される雰囲気なのですから、弁当を食べるくらいのことは何のはばかりもありません。

ちなみに小さなドッグランもあり、犬の散歩をしている人がたくさんいます。

ゴミ箱はないので、吸い殻一本に至るまで必ずきちんと持ち帰るようにしましょう。気に入ったらあなたのとっておきのスポットの一つになるかもしれないのですから、未来の財産を傷つけるような野暮なことはやめましょう。

海を挟んで豊洲の街並み、遊覧船など都会的な眺めと自然とを同時に楽しみながら静かに過ごせます。

ベンチも豊富です。芝生も入れますが蟻がいるのでシートを持って行きましょう。

食後は歩いていける距離にある豊洲の町や豊洲市場、ぐるり公園、ちょっと足を伸ばして有明ガーデンに行って遊ぶこともできます。

豊洲ぐるり公園
豊洲ぐるり公園。さいきん東京タラレバ娘のロケ地にもなりました

自動車でも電車でもなくBRTで来たのですから、もとの駐車場や駅に引き返す必要はないのです。

帰りは同じバスに乗って戻るなんてやめて、さらに足を伸ばして旅をつづけ、行った先の街に一番近い交通機関から帰れば沢山の場所を効率よく楽しめます。

晴海公園夜景

あるいは気に入ったならここに留まり、トリトンスクエアで食事してもよいでしょう。夜も素晴らしい夜景が望め、煌めく街の喧騒を遠くに聞きながら落ち着いた時間を過ごせます。

BRTをきっかけに、キッチンカーの待つ地図の端っこへ行ってみよう

今回はBRTを使って初めて行きやすくなった、最果てのタワマン街にある隠れた公園で、キッチンカーを積極的に楽しむ方法をご紹介しました。

他にも地図で見て、快適そうなのに行きにくい端っこのスポットを見つけたら、キッチンカーの出没場所になっていないか調べてみましょう。

見つけたら、BRTの代わりに電動レンタサイクルを使っても到達できます。このサイクルは区域をまたがって乗り捨てができます。

キッチンカーのある端っこの良い場所を見つけ出せたら、まず間違いなくあなたが一次情報保持者です。

水辺公園

人混みを避けてずっと密かに楽しむのも、ブログやインスタ、ツイッターやGoogleマップメディアに書き込んでオリジナル情報を発信するのも、価値のある一番乗りです。発見のある旅を、楽しんでみてください。