このサイトについて

Fusion360 スケッチ交点でスナップさせる方法

Fusion360 スケッチ交点でスナップさせる方法

今目の前に見えている交点に、マウスカーソルを吸い付かせて、そこから図形を作ったり、そこへ図形を移動させたい時は、交点にスナップさせる必要があります。が、してくれない。検索すると公式Q&Aや動画が出てきて、もちろん何の役にも立たない。

という状況で困っている人のために解決法を提示します。

スポンサーリンク

スケッチ編集モードに入るとスナップするのが原則

スケッチ編集モードに入るとスナップするのが原則

スナップしたい図形で右クリックし、「スケッチを編集」をクリックし、XYZいずれかの平面を選択するとスケッチモードに入り、スナップが効くようになります。

但しこれだけでうまくいかないケースは非常に多くあります。その場合は続きを読んでください。

スナップするのは同一ブラウザオブジェクト内のみ

スケッチ編集モードに入るとスケッチの一部が消えてしまうとか、入ってもスケッチの色が薄くてスナップしないとかいう時は、各々のスケッチが別々のブラウザオブジェクトに分かれてしまっています。

自分で補助線を引いたのに交点でスナップしない、という時も同様に、補助線が別のブラウザに入ってしまっています。

スナップするのは同一ブラウザオブジェクト内のみ
円と線が、それぞれスケッチ1、2と別々のブラウザオブジェクトに分かれてしまっている

ブラウザとは、画面左にあるレイヤーみたいな表示のことです。ぶっちゃけレイヤーそのものなんですが、Fusion360界隈は、もったいぶった回りくどい言い方を好みます。

大多数の一般の人にとっては心底どうでもいい、複雑にするだけの言い方と思われますが、無料なので耐えて自分を合わせてください。その方が後々自力で検索する時助けになります。レイヤー=ブラウザオブジェクト です。

交点などでスナップさせるには、どれか一つのブラウザオブジェクト上に図形をまとめる必要があります。

スケッチにおけるスナップのルール
  • スケッチ編集モードに入っている
  • 交点を構成するスケッチが全て同じブラウザオブジェクト(レイヤー)に在る

しかし複数に分かれたブラウザオブジェクトを合体統合することは、できない仕様です。代わりに、統合したいオブジェクトをまとめて選択し、新しいブラウザに投影コピーする方法をとります。

右クリックメニューからコピー

まず、コピー元のスケッチオブジェクトをまとめて選択し、右クリックメニューからコピーします。

スケッチ編集モード

コピーしたら左上のスケッチアイコンからスケッチ編集モードに入り、そのままControl+Vキーを押してください。

ウインドウのOKボタン

新しいブラウザオブジェクトが生成され、コピーした時と全く同じ位置に、スケッチが貼り付けられますので、ウインドウのOKボタンを押して確定してください。

交点でスナップ
スナップを示すバツ印にカーソルが変わる

以降は、交点でスナップします。全ての図形が同じブラウザオブジェクトにコピペされたからです。このままやりたかった図形を描くなり、交点に点を打ってピボットしてから移動するなど思いのままです。

作業が終わったら、右上の「スケッチを終了」ボタンを押してスケッチ編集モードを終了してください。もう一度再開するには、最初の手順に戻ってください。今コピペしたスケッチ上で右クリックし、「スケッチを編集」を押すところからです。

今度は、同じブラウザオブジェクト内に図形が揃っていますから、ちゃんとスナップします。何度もコピペ作業する必要はありません。

自分で引いた補助線との交点でスナップさせる方法

自分で引いた補助線との交点でスナップさせる方法

補助線を引くときに、交点などを作りたい相手の図形を右クリックして、「スケッチの編集」を押してから補助線を描き始めれば、今度はスナップできます。

この場合は、今すでにあるブラウザオブジェクトに対して、図形を追記した格好になるからです。

スケッチのクセを理解して進めよう

交点でスナップしなかった理由は、スケッチモードに入っていないことと、各スケッチが別々のブラウザオブジェクトになってしまっているという、2つの原因の複合で起こります。

今後こうした面倒を避けるには、原則としてスケッチを一つのブラウザオブジェクト内で描き続けるように心がけると良いでしょう。

スケッチのクセを理解して進めよう

その為には、スケッチを書き足すとき、いちいち元ある図形を右クリックしてから、「スケッチの編集」をクリックして、対象のブラウザオブジェクト内で作業を進める必要があります。

この手順を踏まず、何も考えず左上のスケッチアイコンを押して描き始めると、自動的に新しいスケッチオブジェクトが生成され、統合できない仕様です。

色々不合理で不便ですが、そういうアプリなので仕方ありません。こだわらず進めましょう。