GoToEat東京食事券 実証された入手法

eat東京食事券
スポンサーリンク

2020年11月20日から、GoToEat東京のプレミアム付食事券販売開始が始まりました。

興味はあっても、他県での発券もたつきニュースなどを目にしていて、面倒に巻き込まれるのはいやだなあと思っている人は多いでしょう。

楽に確実に入手できるならやってみたい、でも変なことになったら嫌だ、そもそも面倒の割に合うメリットはあるのか。

秋

これらの疑問に答える情報がまだネット上になかった頃から、このページでは過去他県の前例を根拠に、できるだけ論理的な推理に基づく対処法を提示してきました。

現在は、発売直後に筆者自身が購入実証した方法の報告と、今後の動向を見据えた使い道の予測情報を発信しています。

この記事を片手に取り、あらかじめ面倒を避けメリットを確実に受け取れる確率を上げておきましょう。

GoToEat東京食事券の基本ルール

公式サイト情報
  • 食事券はセット単位の販売
  • アナログ券(紙の券)はスマホ申し込みは1日販売数上限付きの先着制ハガキ申し込みは自作ハガキOKの抽選制、ただし一人一回につき1通に限る。1セット10000円で12500円分の価値(還元率25%)。
  • デジタル券(電子券)はスマホ申し込みの抽選制。1セット8000円で10000円分の価値(還元率25%)。
  • 一回の購入上限は20000円まで。要するに2セットまで。
  • GoTO予約ポイントの制度と併用できる
  • 1人で何回でも購入できる
  • 都民以外でも買える
  • デリバリーや、テイクアウトにも使える(飲食店自らが行うものに限る)

こうした情報の一部は公式Q&Aのところに書き混ぜられています。

いつ買えばよいのか

この券の神奈川県版は、販売中断が決定しました。11/20の告知、11/25に実際の販売中断です。

東京もやがて中断する可能性はあります。こういうとき、駆け込みで買いに行って行列を作るのは最低な行動です。周りも迷惑だし、あなた自身を危険にさらします。

この券を持って今から飲食店に行くのも、あまり感心できません。自粛した方がよいし、安全です。

では今は東京券を買わない方がいいかというと、それは違います。

第一に、中断したのは横浜であって東京はまだです。時間の問題ですが。

第二に、この券はテイクアウトとデリバリー(飲食店みずから提供する物に限る)に使えます

第三に、購入金額はあなた自身が決められるので、不安と期待が半々なら購入量を半分に減らせば心配を低減して行動に移れます。

混乱したニュースがはびこり、迷って動けなくなるときは、あなたの思考がゼロかイチか、買うか買わないかの二択しかない迷いに陥っていないか落ち着いて考えてみましょう。

多くの場合、その中間にいくらでもやり方があります。

楽に確実に券を入手するにはどうすればよいのか

今ならスマホで普通にアクセスできる確率が高いので、先着順のスマホ申し込みがオススメです。

混んでいても1時間おきくらいにアクセスすれば意外とすんなり入れます。筆者は早速申し込み、以下のようなメールを受信して引換券を取得し、並ばず普通に購入できました。

食事券スマホ申し込みメール

なお公式Q&Aの記述によれば、この券は「1人で何回でも購入できる」「都民以外でも買える」とあります。

これは、買うときに住所身分を検証されず一挙に大量購入できる可能性があることを意味しています。

正しく制度を使って飲食店の応援と楽しみを得たいと思っている大多数の一般人にとっては、巨大なデメリット、欠陥でしかありません。変な連中や小金持ちが大量に買い占めにくる可能性があるからです。

とはいえお人好しな制度に文句を言ってもどうにもなりません。混雑に悩まされるようなら、頭を使って私たちなりの方法を考え、対処することとしましょう。公式サイトによれば、購入方法詳細は下記のとおりです。

公式サイト情報
  • アナログ(紙)券は、特設サイトにてスマホで事前に引換券をもらう。引換券申込期間11月19日~2021年1月3日(スマホ)。先着制。1日ごとに販売数上限がある。
  • アナログ券は、はがきで事前に引換券をもらうこともできる。引換券申込期間11月19日~2021年1月8日(必着、はがき)。抽選制。一人一回につき1通までが有効で、同時に複数送ると全て無効になる。抽選が確定してから再度送るようにすれば、複数回申し込める。
  • デジタル券は、パスマーケットを登録してからPassMarket専用ページ(準備中)にてPCスマホで買う。抽選制。抽選後、当選した場合にのみ送付される購入案内メールにて、デジタル食事券を購入できる
  • 一次抽選申込期間11月20日~11月24日、一次販売期間11月27日~12月4日。総販売期間は11月20日~2021年1月31日。

引換券制度なので、店頭で行列するようなことは理論上はありません。しかし、GoToトラベルの時に紙クーポン券の発行が遅れて旅館で並ばされたり待たされたり、GoToイート京都のファミマロール紙が枯渇したりというニュースがありました。そういうことは今回もありえます。

実際北千住で行列を作った人もいたようです。こんな事に巻き込まれないように良くこのページを見てお役立てください。

アナログの紙の券には、引換券をもらうときと、紙の券に交換する時とで2回、不確実な危険があります。

デジタルの電子券は1セット8000円に減衰する点と、電子券が使える店は紙の券が使える店に比べて少ないという2点、はっきりしたデメリットがあります。

はがき、スマホ、パスマーケットを併用してリスクを分散する

最初の公式ルールで、購入上限は1回につき20000円とありましたが、同時にスマホ引換券とハガキ引換券と、電子券を分散して申し込んだ場合どうなるかは不明です。

恐らくそれぞれを同時に計測する方法はないので、それぞれ上限額でも同時申し込みは可能でしょう。

であれば、あなたの購入総額を決めてからこのうち二つか三つの方法に分散して申し込んでおくのが賢明です。たしかに面倒ですが、同時に1回で手続きをやり切ってしまえるので、一つの方法が失敗して手に入らずやきもきしたり何回も申し込むよりましでしょう。

はがき申し込みのリスクとメリット

はがきはスマホや電子券に比べて相手に届くまで遅く、相手も人力でさばくので時間がかかります。

もしもハガキが殺到したら、行政はパンクしてますます時間がかかるでしょう。

しかしこの制度自体は方法を主にネットで告知しており、新聞や自治体のチラシであまり見かけません。ハガキの設置場所は公開されていますが、自作もOKとなっています。

一種の保険として、購入総額の何割かはハガキ申し込みにしておくことを検討しても良いでしょう。制度開始より1日早く、11/19より開始です。

なお参考までに11月11日、兵庫県においてイートハガキの不正転売がニュースになりました。県事務局側はハガキによる食事券販売を先着順から抽選制に変更したとアナウンスすることで、転売ハガキを購入しないよう要請しています。また、印刷して使えるハガキPDFを新たに公式サイト上で発行することにして対策しました。

東京はこれを踏まえて最初からハガキ申し込みは自作OKの抽選制に決定されました。一安心です。

スマホ申し込みのメリットとリスク

11/19より、受付が開始されました。予想通り開始直後はアクセスが殺到し混雑しましたが、程なく現在は誰でも入れるようになりました。

混んでいても1時間おきくらいにアクセスしてみましょう。今なら意外と簡単に進めると思います。

筆者は実際に11/19にスマホから下記のように引換券を取得しています。実際の購入は11/21に行いました。

食事券引換

引換券を取るだけなら無料でメールアドレスのみあれば済むので、迷うくらいならすぐ申し込みだけしてしまいましょう。実際に買うかどうかは後で任意に決められます。

なお1日当たりの販売数は上限があるので、売り切れても翌日再挑戦できます。

大多数の人にとっては一番楽なのでこの方法を取ると思われます。ですから、まだこれから混み始める可能性も十分あります。

ここはアクセスが最も集まるので、今後不確実なことが起きる確率が最も高いです。出来るだけさっさと今のうちに済ませておきましょう。申し込みサイトはこちらです。

出遅れたら、他の手法も併用できることを思い出してください。

パスマーケット電子券申し込みのメリットとデメリット

電子券は1セット8000円に減衰する点と、電子券が使える店は紙の券が使える店に比べて少ないという2点、はっきりしたデメリットがあると先ほど説明しました。

つまり、変な大量購入の連中はこの方法を避けてくる確率が高いです。また、仕組み的に転売や譲渡が難しい点も私たち大多数の一般人にとってはメリットです。

ただし使える店が限られるのは私たちにとってもデメリットなので、この方法を本命にはできませんが、有力でなおかつ早い入手法として、特に早期に入手したい人は購入総額の何割かをこの方法にしておくと良いでしょう。

この方法を使うつもりならば、パスマーケットを事前に登録しておくことをお勧めします。なお実際のPassMarket専用ページは、11月20 日より公開されています。

他県の例で実証された食事券入手時のトラブルと対処法

パスマーケット以外の、はがきとスマホによる方法の場合、引換券を得られても本券に交換するときトラブルに巻き込まれる危険があります。

北千住で購入行列が出来たとニュースになっていましたが、筆者は並ばず誰もいないカクヤスという酒屋で普通に買っています。

交換先一覧サイトを見れば、残券一覧も出るので近場ですいてるところをいくらでも探せます。並ぶ事自体恥だし迷惑なのでやめましょう。

以前もGoToトラベルの時に紙クーポン券の発行が遅れて旅館で並ばされたり待たされたり、GoToイート京都のファミマロール紙が枯渇したりというニュースが実際にありました。

筆者は当時埼玉のイート引換券を取得しましたが、これ自体はトラブルなくスマホから簡単にできました。

いっぽうファミマの紙は枯渇気味だったようです。しかし同時期に東京ではまだイート食事券を発行していなかったので、東京のファミマでは潤沢に紙がありました。なので東京のファミマに行くついでに苦労なく発行できています。

また、GoToトラベルクーポンについても、現地の旅館ではなく事前にJTBで発行することでトラブルを回避できた経験があります。

引換券の交換トラブルと回避の実証例を知り、避ける方法を持っておく

今回東京都は発券に関してはかなり多くの交換先を用意しており、交換段階では他県に比べトラブルはずっと少なく済むと思われます。

それでも次第に引換券が出回るにつれて、予想外の発券トラブルは起きえます。そうした場合に備えて下記の記述を残します。過去に共通しているのは、局所的な現場のトラブルであることでした。

したがって事前に交換できる現場を把握し、近いところや勤務先のついでで、最初から人が来なそうな場所を押さえておくのが賢明です。交換場所は現時点で下記の通り。

公式サイト情報

【主な販売(交換)場所】
交換先一覧サイト

【箇所数】
300~400箇所

【方法】
対面販売、WEB販売、宅配販売*
*宅配販売は、なんでも酒やカクヤスのみ

購入は現金のみ

最初から人が来なそうな場所とはどこか。それは現時点、感染症対策などで窓口を完全予約制にしている場所です。具体的には一部の旅行代理店などです。

2020.10月時点で一部窓口予約制の旅行代理店

まだイート東京食事券の発行は始まっていないので、対応するページや窓口はありません。

事前に近所が予約制か把握しておき、開始したらすぐに予約すると良いと思います。

GoToトラベルの予定や興味があるなら、手続きや相談ついでにやれたら効率が良いでしょう。

GoToトラベル併用

予約なしでいきたいならば、しいて言えば「観光協会等の特設販売窓口」が近くにあるか押さえておくと良いでしょう。基本的には、駅前にあります。

あとの方法はどれも、まず真っ先に大量購入の連中が訪れ、そのあと私たちが買いに行くことになると思います。それでも難なく手に入るのか、そうでないのかは運次第です。

もう一つ気になる点は、販売方法のなかにWEB販売があることです。この方法は大量購入者にとって最も都合の良い方法となりえます。

1回の購入は20000円と制限されているので、何回も窓口に対面販売へいくより、複数アカウントで買うなどすればずっと楽な方法となる可能性があるからです。

よって、あまり期待は持たないほうが良いと思います。

最後に重要事項を強調しておきます。購入は現金のみです。

最近は電子マネーやクレカ主体の方が多く、最大20000円にもなる現金を持ち歩いていない方も多いでしょうから、無駄足にならないよう気をつけてください。

いくら分買えば良いのか、使い道を考えておく

いくら買っても、この件は3月末までしか使えません。

さらに悪いことに、コロナ感染者は猛烈な勢いで増加しており、年末年始にかけてさらに悪化するでしょう。

その頃にはあなた自身のマインドも世間の風当たりも、外食なんてとてもじゃないけど無理、嫌だといった状況になっていると思います。

あまりに皆が使い道に困る状況になった場合、使用期限の延長といった措置があるかも知れませんが、期待はできません。

今はっきり言えることは以下の通り。

  • 出来るだけ早くに並ばず入手し、かつ、使うのが吉
  • 12月後半から2月前半にかけては、感染症マインドのために実質使えないか、使えてもテイクアウト、デリバリーに限られるものと考えておく
  • 2月後半から3月末にかけては逆に使用期限前の駆け込みで混雑や転売が発生し、問題になる可能性がある。もしも期限の延長が取り沙汰されるなら、この頃に混雑が起きた場合になるでしょう。

3月末の使用期限までにフルに時間を使えるとは考えない方が安全と先日までここで予想していましたが、ずっと早くその通りの状況となってきました。

余ると悲惨なので、せいぜい1.5ヶ月間で使い切れる量に留めておくのが無難です。

また、使い道を素早く選択できるよう、ぐるなび等の取次サイトに登録して使い慣れておきましょう。

ぐるなびはGoToの公式サイトを担当しているだけあってアプリが見易く、食事券を使える店だけを紙券と電子券それぞれに絞り込んで抽出できます。テイクアウトも重ねて抽出できます。

該当アプリは下記リンク先特設ページの末尾にあります。

ぐるなび特設サイト

取次サイトは中抜きの悪いイメージがありますが、ここは最大手で取扱店舗数が多く、取扱店舗を地図上にマッピングして表示できてアプリが洗練されており、星評価がないため必然的にステマがなく、使った実感としては中々良いです。

なおさらに楽天連携まで行いたい人は下記より実行できます。

ID連携はこちら

より使い道の幅広い楽天ポイントで貯めておいた方が出口が広がります。1:1の等価交換なので損はなく、使い道が広がるぶん多くの人にとってメリットがあるでしょう。

要点を押さえ、メリットを獲得しよう

要点を押さえ、メリットを獲得しよう

以上長々と報告しましたが、今できる要点は下記のとおりです。備えあれば憂いなし、簡単無料でトラブルに対する保険をかけておきましょう。

  • 空いている今のうちにスマホ申し込みを済ませる。欲張って買い過ぎない。
  • デリバリーとテイクアウトでも素早く使えるよう、絞込み検索が見易い最大手取次サイトの特設ページ末尾にあるアプリを試しておく

ぐるなび特設サイト

※現在はGoToEat特設ページよりも楽天連携の方がお得なためそちらにリンクしてあります

  • 抽選制のパスマーケットを検討しておく

パスマーケット

  • 情報更新を公式サイトやこのページで時々チェックし、分散購入でリスクを散らす

このページは公式サイトの情報更新や、新しい事実の情報があった場合随時更新されます。更新では事実を優先し予測が変化する可能性のあることをご了承のうえ、ご利用ください。

以前のGoTo予約ポイント制度でもらったポイントがまだ残っていて、今すぐ今日にでも使いたいという人は GoToEat 当日直前予約の簡単な方法【アプリのみで完結】 をご覧ください。