このサイトについて

iPhoneやMacだけで文字数カウントするコピペ不要の方法

Twitterや執筆で文字数をカウントしたい時、専用の文字数カウントサイトやアプリを使っている人は多いと思いますが、そのために文章をコピペしたり、サイトやアプリを開くのは面倒なものです。

今目の前の画面にある文章から範囲選択して、その範囲の文字数だけ即座にカウントできたらこの手間は解決します。そういう方法はiPhoneやMac、iPadには最初から備わっているので、何も買い足さず今すぐiPhone等だけでできます。

スポンサーリンク

コピペ不要の文字数カウント方法

以下の黄色いボタンから文字数カウントショートカットをダウンロードし、インストールしてください。iPhone、Mac、iPadどれでもできます。

ダウンロードせずじぶんでショートカットを手作りしたい人は、記事末尾のレシピをご参考ください。

ショートカットとはApple公式のアプリで、iPhoneなどの内蔵機能を自動動作させるためのアプリです。インストールの許可などで迷ったら、別記事にショートカットの仕組みと手順解説があるので参考にしてみてください。基本、全て許可で何も問題ありません。

文字数カウント操作

インストールが終わったら、早速カウントしてみましょう。とりあえず適当に、あなたが今読んでいるこの画面を長押しタップしてから何文字か範囲選択してみてください。

文字数カウント操作

カウントしたい文字列を範囲選択するとメニューが出るので、右へスクロールして「共有」ボタンを探してください。メニューが出ない場合は、範囲選択した状態で、選択文字列を1回タップしてください。

文字数カウント

「共有」を押して出るメニューを下へスクロールして探すと、先ほどインストールしたショートカット「文字数カウント」が見つかりますから、タップしてください。これで、文字数カウントが表示されます。何千文字あろうと同様にできます。

何千文字あろうと同様にできます

Macの場合の文字数カウント

Macの場合も同様に、まず適当に今見ている画面から任意の文字列をドラッグして範囲選択してみてください。

Macの場合の文字数カウント

カウントしたい文字列を範囲選択した状態で、文字列を右クリックするとメニューが出るので、「サービス」をクリックしてください。

すると先ほどインストールしたショートカット「文字数カウント」が見つかりますから、クリックしてください。それでカウントできます。

カウントできます

どんな場面のあらゆる文字列でも任意にカウントできる

これで、iPhoneをいじっている時やMacを操作しているほとんどどんな場面でも、ふと思い立ったら同様の方法で文字数カウントできるようになっています。

この機能提供に使ったショートカットというアプリはApple公式謹製なので、他のありふれたウェブサイトやアプリより上位でOSと一体化しており、かなりユニバーサルに使えます。

どんな場面のあらゆる文字列でも任意にカウントできる

ラインやメールなど、他のアプリの中に居る時であっても、必要ならば文字列長押しから四角に上むき矢印マークの、共有メニューにさえ辿り着ければ、文字数カウントできるようになっていますから、覚えておいてください。

共有ボタンを転送などと他の呼び方

アプリによっては共有ボタンを転送などと他の呼び方にしている場合もあります。LINEの場合は、転送ボタンから右下の「他のアプリ」を押すと同様に進めます。

転送ボタンから右下の他のアプリを押すと同様に進めます

ショートカットアプリ自体は起動不要

ここまででお分かりの通り、文字数カウントショートカットをインストールしたら以後、本体のショートカットアプリを起動する必要はありません。長押しや、四角に上むき矢印マークを押すと出る共有メニューを呼び出すだけで、文字数カウントする機能が加わります。

ショートカットアプリ自体は起動不要

なのでショートカットアプリ本体は、ホーム画面やデスクトップから取り除いても構いません。アプリ自体の削除はしないでください。

カウントの仕様

改行とスペースは、半角全角どちらに関わらず、カウントしない仕様です。

和文英文は、半角全角どちらに関わらず、見たまんま1文字を1文字としてカウントします。例えば、「abc」は3文字です。「あいう」も3文字としてカウントされます。

カウントの仕様

和文全角を勝手に2文字カウントするとか、URLを変換するとか、レイアウトのために打ち込んだ余白スペースをカウントしてしまうとか、そういうややこしい余計な機能や設定項目は一切ありません。何も考えることなく、単に見たまんま感覚的に使っていただけます。

クリップボードの文字数をカウントする方法

クリップボードの文字数をカウントする方法

範囲選択した文字列ではなく、クリップボードにコピー(長押しや右クリックでコピー登録した文章)した文字群をカウントしたい場合は、コピーした状態でショートカットアプリに入り、直接黄色の「文字数カウント」をタップするとカウントできる仕様になっています。

画面右上にあるショートカットアイコン

Macの場合は同様にコピーをした状態で、画面右上にあるショートカットアイコンから文字数カウントをクリックすると、同様に選択範囲でなくクリップボードの文字数をカウントできる仕様としています。

文字数カウントはシンプルに済まそう

文字数を数えるのは機械にとって極めて簡単なことです。ただその方法がなぜか七面倒なかたちでしかこれまで提供されてきませんでした。簡単なことは、シンプルに済ませることにしましょう。

デフラグライフには他にもそういう方式のショートカットが沢山ありますから、いずれ見てみてください。きっと、暮らしの効率を向上させてくれるでしょう。

おまけ:ショートカットのレシピ

じぶんでショートカットをアレンジしてみたい人は、ダウンロードしたショートカットを開いてみてコピペやアレンジするのが、一番手っ取り早く理解できると思います。考えるよりやった方が早い。

入力の受け取りは、右上の青いメーターみたいなボタンをタップすると選択できます。無論、テキスト系のみを受け取れば足ります。また、無選択時にショートカットを起動した場合に限りクリップボードを受け取る設定にすることで、範囲選択文字数とクリップボード文字数それぞれを使い分けられる機能分離をしています。

「(半角スペース)|(全角スペース)」とは、半角全角スペースを文字数カウントしないように無の値に置き換えるようにしている設定です。このショートカットアプリでは、無の値はグレーアウトした「世界」と表現されます。「|」とは、「or」と同じ意味を持つ正規表現です。正規表現とは、いわばプログラミング以前の機械の言葉で、このアプリでは青丸>を押して設定すれば通用します。

\nとは、改行という意味です。改行を文字数としてカウントしないように、無の値「世界」に置き換えているだけです。

Σ(シグマ)は、合計という意味です。これはエクセルなどでみたことのある人もいると思います。

読者コメント