このサイトについて

希少高額品メルカリ売却の実践 差し止め体験談と対処法

持ち物を売ろうとメルカリで相場を見たら、定価より高騰してる。これって、こんな高く売っていいってこと?

メルカリを長く続けていると、こうした場面にいつか遭遇します。自分の持ち物が高騰していたら、ドキドキワクワク、ちょっと嬉しいものです。

メルカリ希少品売却の心得と値段の付け方

でも一方、いざ本当に売ろうとしてみたら、そこには未体験の障害がたくさんあることに気づきます。

この記事では、高騰した持ち物を売却するときの注意点を解説します。基本的な禁止事項の再確認から、筆者の実体験に基づく様々なトラブルの注意点と解決法を例示していきます。

どうしても売りたい希少品が手元にあって困った時、参考にしてください。

なお、この記事は希少品売却の実践編です。調査編は、メルカリ希少品売却 値段の調べ方と付け方 をご覧ください。

注意

希少品であっても、あからさまに転売屋が値を釣り上げているバブル品は手を出さないのが賢明です。これを扱うと買い手からの大変な憎悪と不名誉な売却履歴、運営からの監視と干渉にさらされ、割に合いません。

スポンサーリンク

禁止事項の確認

いきなり希少品の売り方を見る前に、大前提として、自分の希少品をメルカリで売ることが何かのルールに違反していないか、必ず確認する必要があります。

これから扱おうとしている品は、通常の商品と異なり定価を超えた売却価格になります。買い手も、偽物を掴まされないようにかなり神経質な状態で買いに来ます。

禁止事項の確認

また、運営も陰ながらその取引を特に慎重に観察しているはずです。筆者は観察されていました。具体例と対処法は後ほど解説します。扱っていた希少品は本物でしたが証明資料が足りず、差し止められたことがあります。

ですから普段以上に、自分の商品がきちんとルールを守っていると確証のある状態で臨まねばなりません。差し止めなどマシな方です。

曇りのある状態で売りに出すことは、クレームや通報など大変なトラブルに巻き込まれる確率を大幅に上げる危険行為で、割りに合わないどころか時間、経済、信用の大損失につながります。

少しでも危ないと思ったら、出品は諦めて、安くても専門のショップに引き取ってもらうことにしましょう。差額は保険料です。

高額転売の禁止事項に該当しないか確認する

以下の禁止事項に該当する品は売れません。違反するとほとんどの場合、違法です。

  • チケットの転売は基本、NG
  • 自分で使う意思のない中古品を買ってきては、それを売ることを繰り返すのはNG
  • 販売店が転売禁止を表明している品を売るのはNG
  • メルカリの定める売却禁止物、その他違法な品物を出品するのはNG

法的売却禁止品の代表例とメルカリガイドは下記記事後半をご覧ください。必ず常に最新のガイドラインに目を通す必要があります。

本物証明の確認

価格の高騰した品を売ろうとするならば、その品が本物であることを証明する必要があります。あなたが買い手に回った時のことを想像すれば、それが必要な訳は自明でしょう。

最も良い本物証明方法は、購入店のレシートを添付することです。次いで、箱説明書や商品に付属のタグ写真を添えることです。いずれもない場合は、いつどこで入手したかできる限り克明に記述し、必ず来る質問コメントに誠実に答えていく必要があります。

本物証明の確認

レシートにはその商品をいつ、どこで買ったかが克明に記載されており、本物証明として大変役立ちます。今までミニマル志向ですぐレシートを丸めて捨てていた人は、これだけは保管するようにしておくと、希少品に限らず多くの高額品において売却促進材料として非常に効果的です。

さらにレシートと共に、メーカーロゴやバーコード、品番刻印など複数の手がかりを写真に撮って信用を得ていくスタイルになります。希少品売却においては、写真枚数は多ければ多いほど良いです。

なお、これらの本物証明は、トラブルを避けるための心掛けとして呼びかけているのではありません。高額な希少品の売却には絶対に必要な条件です。全くないと、高確率で運営から商品を差し止められ、提出を求められます。

所持証明リスクの理解

注意事項、まだあるの?という感じかもれませんが。。本物証明が揃っても、かなりの高額品だった場合は所持証明が求められ、差し止められます。筆者は10万に高騰した希少品を売却するとき、完璧に本物証明が揃っているのに差し止められました。

具体的にはまず差し止められ、その後運営からメールで指示が来るので、指示通りの写真を撮り直して送るというものです。

手元に持ってもいない商品を、架空出品していないかという所持確認のための証明作業です。

所持証明リスクの理解

手元にない商品を売るなんてあり得ない、あり得ないことを疑われて差し止められる意味がわからないと、普通の方なら思うかもしれません。

転売屋の中には無在庫転売といって、自分が持っていない品を超長期配達期間設定の高値で出品し、買い手がついてからよそのECサイトで安値で買い、ECからの送り先を買い手にして直送し、在庫リスクを避けて差額をハネるというスタイルの売り手がいます。これは規約違反ですし、違法になる可能性もあります。

大変に迷惑な話ですが、こうした理由から希少品売却においては、あなたに全く落ち度がなくても差し止めに巻き込まれることはあり得ると、前もって理解しておいてください。

差し止め対処売却の事前準備

差し止めを食らったことのある筆者の経験だと、本物所持証明を提出してから承認が下り、再び出品できるようになるまで、提出から20日くらいかかりました。差し止めからトータルだと一ヶ月弱くらいです。

希少品の相場は私たちが思っている以上に水もので、刻々と変化します。ジワジワ需要が高騰してきたと思えば、いつの間にか潮が退くようにみるみる下落したりします。

一方で供給はゼロから突如として増えることがあります。メーカーが再販したり、高騰が呼び水になって多くの眠っていた在庫が流通し始めたりします。

差し止め対処売却の事前準備

つまり、上昇基調の時は差し止めも気楽に待っていられますが、下落を嗅ぎ取ったならば待ち時間が地獄になります

普段冷静なあなたでも、刻々と下落の崖に近づく自分の希少品を売り禁され、禁じた運営から悠長に処理されると、かなり焦るはずです。もちろん運営には善意しかなく、遅延行為する意図もないのですが。。

経験したので言えるのですが、面白いことに、希少品におけるメーカーの再販告知は買い手はほとんど考慮しないようです。

メーカーサイトに行けばもうすぐいつ頃に再販や復刻しますと公式発表していても、価格は思ったより下がりません。急激に下がるのは、実際に再販され流通してからです。

つまり、売り手の側から見ると、いつ頃までには売らなければならない状況というのが、はっきり見える場面というのは意外とあります。

あなたが偶然価値ある希少品を持っていて、調査編の記事で価格を確認してホクホク気分でいたとしても、それで放ったらかしておけばさらに価値が上がるなどと思い込んではいけません。

どこまでも他人に振り回される

自分の大切な希少品の運命が、こんな風に他者の都合で左右される状況は、前もって出来るだけ排除しておかねばなりません。どう転んでも自力で目的を果たせるように道を確保しておくのです。

結局他人の善意も悪意も関係なく、他人に運命を左右される状況は、あなたが事前に理解し、対処準備しておくしかありません。そうしないと、どこまでも他人に振り回されることになります。

中古品の売却分散リスクヘッジ

具体的には、差し止めを食らった場合、差し止め商品の出品を手動でも二重に停止しておき、すぐさま本物証明を揃えて運営に提出するのと並行して、他のサイトに即出品するのが合法な対処売却の手順です。

停止してから他サイト出品しないと、複数同時出品となり規約違反です。規約違反になると文字通り差し止めは解除されません。

停止や取り下げしない複数同時出品は危険な行為ですから、いかなる場合でも決してやらないことをお勧めします。

ひとつしか在庫がないのに両方同時に売れてしまったら、先程糾弾した無在庫販売したのと、結果的に同じ状況になります。

中古品の売却分散リスクヘッジ

対処売却は、事前準備なしには成り立ちません。差し止めを食らってから慌てて他サイトのアカウントを作ったところで、新しいアカウントにはあなたの売却実績がゼロであることに気づくはずです。

高騰した希少品を、売却実績ゼロの人間から高値で買ってくれる買い手はなかなかいません。他のサイトはメルカリよりも買い手が乏しいという事実も、厳しい状況に拍車をかけ、時間が過ぎていきます。

ですから、メルカリに慣れてきて希少品売却を手がけようというあなたなら、こういう時や売れ残りの処理加速のために、有効な他サイトアカウントをあらかじめ作っておき、ある程度売却実績を育てておくことをお勧めします。

ラクマ

他中古売買サイトの選び方ですが、基本的に、市場の大きいサイトほど安全で売れやすい代わりに差し止めが多く対応がスローという特徴があります。小さいサイトはその逆です。

このような対処売却を実行する場合は小さいサイトが役立ちますから、あえて小さいサイト、すなわちラクマのアカウントを育てておきましょう。

新規にアカウントを取得される場合は、アプリから招待コード欄に「 Hhy94 」と入力していただくと、あなたと筆者双方匿名のまま600円相当のポイントが無償付与されます。※2021.5.5まで。アプリ経由のみ

小さいサイトはプレーヤーが少なく、自力での招待コード探しは額の割に時間を食います。筆者のコードに時短価値があると計算が立ったならば、このまま利用してください。

安全と時間こそ最大の利益

記事では、あなたが偶然所持していた希少品をメルカリで売る場合において、どんな注意点があるのかを列記しました。

希少品の売却は、自分の持ち物が買い値より高く売れるという希少な体験です。いきおい、その値段に目を奪われ、売って儲けることで頭が一杯になってしまい失敗することが多くあります。

安全こそ最大の利益

記事ではそれらの失敗を回避して安全に目的を達成する方法を示しました。体験してみないと分からないような差し止めの現実など、事前に知っていれば難なく回避できようというものです。

確実な売却の手配がついたならば、送料の削減に取り組み無駄なく利益を最大化させましょう。それには下記の記事が役に立つと思います。

希少品売却に着手したようなあなたならば、経験は相当に熟練しているものと思います。買いにおいてメルカリはすでにあまり良い場所でないことにも気づき始めたのではないでしょうか。それでも、まだやりようはあります。下記を参考に、買いの視野を広げてみてください。

分岐点

ところで、この記事は当サイトでもかなり深い位置にあり、検索でもあまり来られる場所ではありません。ここまで読んできた人はかなり少数派で、メルカリへの取り組み方が変わる分岐点にいる確率が高いです。

メルカリをどう使うかはあなた次第ですが、6年売買してきた筆者の経験的に言えることは、メルカリ自体には富は無いという大原則を早く認識した方が得ということです。

偶然高騰した所持品を売れて嬉しい場面はあっても、短期的な再現性はなく、似たようなものを仕入れてきて転売し、利益を出すことはほとんど不可能です。支払った労力や時間と割にあってきません。

最初から分かっていたことだと思いますが、メルカリは、じぶんの不用品を処分するための道具にすぎず、お金を稼げる場所ではありません。

いつの間にか取り組み方がすり替わって、多くの財貨と時間を失ってしまうことのないよう、何か教材や商材と呼ばれるものを手に取ろうとした時、思い出してみてください。