このサイトについて

【Mac】Fusion360で.stl変換精度設定【オフラインOK】

Macでやる初めてのFusion360操作方法 無料でいきなり実践 ではFusion360を使って.f3dというファイル形式の3Dデータを作る方法を練習しましたが、.f3dデータから光造形3Dプリントするには、ファイルを.stlという形式に変換する必要がまずあります。

この記事では、普段MacBookAir M1を使っている筆者が、Macにおける初めての.stlファイル変換操作方法をご紹介していきます。簡単に済ますことも、精度を自分で調整することも、オフラインでもできます。

【Mac】Fusion360で.stl自由精度変換【オフラインOK】

筆者も3Dプリンターを使うのは初めてで、皆さんと同じ、これからの状態です。ですから、やたら詳しい内容や難しい用語は使いません(使えません)。

でも、筆者はブログでMacやiPhone、その他ウェブサービスのトラブル解決や応用記事をたくさん書いて来ました。Macに慣れているし、機械全般の取扱自体は得意なので、むしろ簡単なことばで皆さんのお役に立てると思います。ご覧ください。

当サイトでは光造形3Dプリンタを扱う方法について取り扱っています。FDM(熱積層)に関する情報は今のところありません。

スポンサーリンク

ファイル形式と全体の流れを最初に確認する

アプリ名ファイル形式目的
Fusion360.f3d3Dデータを作る
↓変換
ChituBox.stl3Dプリント用の足(ラフト)をつける
↓USBメモリ↓変換
3Dプリンター.ctb光造形のためにデータを積層形式にする

最初にFusion360で3Dデータを.f3d形式で作りましたが、これを.stl形式に変換して出力します。簡単手軽なオンラインのやり方と、自在に精度を設定できるオフラインのやり方があるので、両方紹介します。

なおこの後さらに.ctbへ変換しなくてはいけないのですが、長くなるので今回の記事では.stl変換までを取り扱います。

七面倒くさいですが、今の業界技術ではまだ手順を飛ばせません。この分野はまだ過渡期にあり、ファイル形式ごと変わったりするので細かく学んでも時間を無駄にする恐れがあります。とにかく全体像の流れ通りに何も考えずやった方が得な場面です。

Fusion360で.f3dから.stlへオンライン変換する方法【簡単】

Fusion360で.f3dから.stlへオンライン変換する方法【簡単】
エクスポート

Fusion360画面で左上メニューから、ファイル>エクスポート と進み、タイプ:プルダウンメニューから.stl形式を選択して右下の青いエクスポートボタンを押すと、オンラインでファイルが自動的に変換され、指定の場所へダウンロード保存されます。

オンライン保存

ファイルのオンライン保存をしていない人は、画面中央に表示されている注意表示の中の保存ボタンを押してからトライすれば、オンライン変換されて進めます。特にこだわりなければ、手順はこれで終了です。作った.stlファイルをChituBoxで読み込む手順に進んでください。

Fusion360をオフラインで使いたい人、メッシュの解像度精度を自分で調整したい人は、以降を読み進めてください。

.f3dから.stlへオフライン変換する方法【自由精度】

Fusion360をオフラインで使いたい人は、無料で案内がFusion360にくっついている、MeshMixerというソフトを使ってオフラインで.f3d.stlに変換できます。

手間ですが、データの変換精度調整が自由にできるメリットがあります。また、パソコンの性能にもよりますが、ネットワークを介するよりかなり高速で変換することができます。

変換精度を高くするとより精緻な造形データを作れますが、データは重くなります。作品によって使い分けたい人に有用です。

筆者は非常に細かい精度が必要な部品を作りたかったのと、単に古い人間でオフライン信仰(通信回線や企業の都合に振り回されない)があるため、こちらの道を選択しました。

MeshMixerをインストールし、初期設定する

MeshMixerをインストールし、初期設定する
3Dプリント

Fusion360画面で左上メニューから ファイル>3Dプリント と進み、変換したい3D図形データそのものをクリックして青色に変えてから、右側に出る小ウィンドウで操作します。

対象が複数モデルに分かれている場合は、どれか一つをダブルクリックすると、接するモデル全てがまとめて選択されます。

MeshMixer

小ウィンドウ一番下のプリントユーティリティメニューからMeshMixerを選択するとダウンロードとインストールの案内が出るので、全て許可してインストールを進行してください。ここは一本道で、許可しないと進めません。

インストールしたら、以降はオフラインで動作します。MeshMixerアプリを起動すると最初に英語の案内が出ますが後でまとめて設定を変えられるので、同意で良いです。

MeshMixer画面
初期設定

起動したらMeshMixer画面をクリックしたのち、左上のメニューから ヘルプ>MeshMixerの概要 をクリックし、画面の二つのチェックボックスを任意で外してください。

これは、アップデートの通知機能と、使用データの収集承諾です。外しても機能に支障はありません。オフラインで使うなら、不要な機能です。

これで、MeshMixerのインストールと初期設定は終わりました。早速精度を設定して変換してみましょう。

精度(偏差)を設定する

偏差とは、ざっくり言ってデータの誤差の事です。他にもサーフェス、法線、エッジの最大長さ、密度、解像度、角度や公差などいろんな設定値があるのですが、どれを変えても結果としては最終結果のデータの精度を変えることに相当します。3Dプリンタ界独特の言い回しです。

すごく回りくどい言い回しなのですが、要するに精度のが偏差です。最初から精度って言って逆数を表示してくれれば分かりやすいのですが。

偏差を下げると、データの精度が上がり、重くなります。Fusion360では、主に「法線の偏差」という値を設定することで、精度をコントロールしています。

.stlの偏差を使って精度を設定する

法線の偏差は、小ウィンドウの「リファインメント」プルダウンメニューから「カスタム」を選ぶことで変更できます。初期設定では、「15.000」です。

先程のオンラインだと、大体「18〜19」程度で自動的に変換されています。つまりこちらのオフライン初期設定15のまま変換すると、精度が20%ほど高く、重くなった状態で出力されます。

参考情報 オンライン変換精度比較

初期設定のままオフライン変換すると、簡単なオンライン変換より約20%精度が高く、データは重くなる

作例におけるオンライン変換時のメッシュ三角形数790

オンライン変換時のメッシュ三角形数790

オフライン初期設定でメッシュ1004

オフライン初期設定でメッシュ1004

.stlに変換する

設定が終わったらFusion360の小ウィンドウからOKボタンを押せば、自動的にMeshMixerアプリが起動し結果が表示されます。

.stlに変換する
STLバイナリ形式

良ければ、エクスポートを押して保存してください。ファイル形式はSTLバイナリ形式にしてください。

ASCII形式は重くなるだけなので不要です。何事も基本的に、アナログよりデジタル、ラスターよりベクター、アスキーよりバイナリが、軽くて機械向きの形式だと覚えておくとたまに役立ちます。その代わり、機械向きのファイル形式は人間には読みづらい内容になるとも。

あまり深く考えず変換しよう

あまり深く考えず変換しよう

記事ではFusion360を使って、.f3dファイルを、3Dプリントに必要な.stlというファイル形式に変換する2通りの方法を紹介しました。

まだこの分野は過渡期で、ファイル形式は刻々と進化しています。あまり深く考えてもすぐ情報が古くなるので、簡単に済ませた方が良いでしょう。

オンラインでもオフラインでも、初期設定のまま変換して次の手順へ進むことをお勧めします。ではまた次回、お会いしましょう。

読者コメント