このサイトについて

Soundcore Liberty Air 2 Pro をApple製品とマルチペアリングする方法

Soundcore Liberty Air 2 Pro をiPhoneとマルチペアリングするコツ

Anker Soundcore Liberty Air 2 Pro(以下Air2Pro)は、AppleのAirPodsProに匹敵する性能を持ちながら廉価で魅力的な製品です。

しかし全てがAirPods同等とはいきません。この機種最大の問題がマルチペアリングにあることを、買ってから気づいた人も多いのではないでしょうか。

この記事では以下の内容を扱い、劣るマルチペアリング性能を出来るだけカバーできる使い方をご紹介します。

  • マルチペアリングを楽に切替できるショートカットの準備
  • Air2ProでiPhoneとMacBook、iPad間のマルチペアリングを設定する実例手順
  • ペアリング切替の実際のやり方と、注意点、コツをマスターする

Air2Proをもう買ってしまってから、マルチペアリングがスムーズにできないことに失望している方、毎回全手動で長時間かけて繋ぎ直している方、AirPodsとどちらを買うべきか迷っている方には、役立つ情報です。ご参考ください。

この記事の内容は、あなたの電話端末がiPhoneである場合にのみ使える方法です。マルチペアリングする他の端末は、MacBookやiPadを例示していますが、WindowsやAndroidでも構いません。

マルチペアリング切替ショートカットの準備

マルチペアリング切替ショートカットの準備

マルチペアリング登録した端末間で、接続を出来るだけ簡単に切り替えることができれば、自動切替には劣りますが毎回手動で接続し直すより遥かに便利で、使用に耐えうる資質を得ます。

それには、Apple標準アプリである「ショートカット」の機能が役立ちます。ショートカットについて詳しくは iPhone標準アプリで写真サイズ容量を小さくする設定と解像度目安 の記事中でも言及しているので参考にしてください。iPhoneを買うと最初から入っている、Apple謹製の便利で無害なアプリです。

ショートカットの使用

ショートカットの使用には、ショートカットアプリとiOSの最新版が必要です。うまく動作しない場合は、アップデート後に端末を再起動してください。

準備ができたら、下記オレンジのボタンから、ペアリング切替ショートカットをダウンロードし、許可を与えてインストールしてください。

ペアリング切替

終わったら、ショートカットアプリから今インストールした「ペアリング切替」を選択し、右上にある青丸に…のアイコンをタップして設定に入ってください。

ホーム画面に追加

設定で、「ホーム画面に追加」をタップして、アイコンをホームのどこか好きな位置に配置しておきましょう。

Air2Proでマルチペアリングする初期設定

Air2Proでマルチペアリングする初期設定

ウェブ上では微妙に情報が錯綜しているのですが、Air2Proではマルチペアリングの基本形はできます。これは公式製品マニュアルにも手順とともに明記されています。

ただし、Apple独自のマルチペアリング自動切替等はできません。詳しくは AirPodsと他機種マルチペアリング性能比較 SoundcoreLibertyAir2Pro をご覧ください。

マルチペアリングの基本形とは、複数の端末にAir2Proを登録する作業です。これは可能なので、これから手順を紹介します。

しかしマルチペアリング自動切替はできません。例えばあなたがAir2ProでMacから音楽を聴いていて、作業を終えてMacを閉じてiPhoneに音源を切り替えたいと思った時、再度接続操作を手動で行う必要があります。

これは大変面倒な手間です。そこで、この手間を軽減する先程のショートカットが役立ちます。その使い方と、失敗を避けるコツ、Air2Pro特有のクセをこの後詳細に紹介しているので、ショートカットごと持ち帰ってお役立てください。

ペアリングの手順

まず、あなたのiPhoneとAir2Proとをペアリングします。これは製品付属のマニュアルに沿って操作するのと同じです。

先にiPhoneのBluetooth設定画面を開いて待機しておき、Air2Proのフタを開け、イヤホンを取り出さずそのままにしていると、程なくしてiPhone側にAir2Proが表示されるので、タップすればペアリングされます。

ペアリングの手順

ペアリング完了したら、そのままAir2Proを取り出してください。うまく接続できているか、一度音楽を流してテストしておきましょう。

テスト成功したら、ペアリングしたままAir2Proをケースにしまわず、次の手順に移ってください。

ショートカットへの登録

このショートカットを使うには、初回のみ登録作業が必要です。ペアリング状態でケースにAir2Proがある状態で、先程のショートカットをタップしてください。

ショートカットへの登録

するとショートカット画面になるので、青い文字で「iPhone」あるいは「Soundcore Liberty Air 2 Pro」と表示されている部分をタップしてください。

Soundcore Liberty Air 2 Pro

選択肢にあなたのiPhoneと、今接続しているAir2Proが表示されるはずですから、Air2Proの方を選択してください。

これで初回登録は終了です。以降はこの操作は必要ありません。

マルチペアリングの手順

上記の登録まで終わったら、一旦Air2Proをケースに戻し、フタを閉めてください。

次に、マルチペアリングさせたいMacBookを開き、同様にBluetooth設定画面を開いて待機させます。iPadやWindows、Surface、Androidなどでも手順は同じです。

マルチペアリングの手順

待機できたら、同様にAir2Proの背面ボタンを長押ししながら、フタを開けてください。開けてから長押しではNGです。開ける前から長押ししていてください。

MacBook側にAir2Pro

あとは同様にMacBook側にAir2Proがまた出ますから、クリックすればマルチペアリングされます。

開ける前の長押しは7秒以下に収めてください。10秒以上長押しするとAir2Proが赤く3回点滅して初期化され、初めからやり直しになります。やり直しは、手動で一旦Air2Playの登録を解除し、また1から手順を再開するしかありません。

これで、複数端末でAir2Proがマルチペアリング登録され、準備が完了しました。

ペアリング切替をやってみる

ペアリングとショートカットの準備が完了したら、早速ペアリング切替をやってみましょう。

さっきまでの手順で、今あなたのAir2Proは、MacやiPadといったマルチペアリングした端末に繋がっていると思います。これを、iPhoneにつなぎ直す切替を例示します。

まず、Air2Proをケースにしまい、フタを閉じてください。また、iPhoneでさっき準備したショートカットアイコンを押せるよう用意しておきましょう。

次に、またまた同様にAir2Proの背面ボタンを長押ししながら、フタを開けてください。開けてから長押しではNGです。開ける前から長押ししていてください。

ペアリング切替をやってみる

長押ししながらフタを開けると、2本のAir2Proの白色LEDが2秒点灯したあと消え、直後に片側だけ点滅状態になります。この状態になったら長押しから手を離しても大丈夫です。すぐさま先程ホームに置いたショートカットをタップしてください。

ホームに置いたショートカット

これでiPhoneに接続が切り替えられました。全然簡単じゃないって?確かに、かなり複雑に感じたかもしれません。でも、慣れれば手動で再ペアリングしていた頃よりかなり早くなります。

戻しフタを閉じて、押しながら開け、点滅したらタップする。これで切替です。iPhoneからMacへまた移すときは、また戻しフタを閉じて、押しながら開け、今度はMac側のBluetoothに登録されたAir2Playをタップです。

コントロールセンター

初期設定が済んでいるので、Mac側も再度Bluetooth設定画面まで入る必要はありません。コントロールセンターなどに表示されるので、そこをクリックするだけです。

これで2度と再ペアリング登録や解除せずに、マルチペアリング登録を維持したまま切替できるようになります。

注意点と操作のコツ

注意点と操作のコツ

注意点は、長押しが10秒以上になるとAir2Proが初期化されてしまうことです。初期化されるとLEDが赤く3回点滅します。

また、長押しが3秒に満たず短かかったりフタを開ける前に押していないと、他の端末に接続切替できず、元の端末に勝手に繋がってしまいます。

なので、操作のコツとしては慣れるまでAir2ProのLEDをよく見ながら操作すると失敗がなくなります。

長押し

まずiPhoneやMacBookなど接続したい端末の、さっきのショートカットやBluetooth接続画面を先に待機しておき、それからAir2Playのフタを、背面ボタン長押ししながら開けるようにしましょう。

開けたら、LEDをよく見て、右側だけ白色LEDが高速点滅するまで長押しをやめないようにします。また、点滅したらすぐに長押しをやめ、接続を完了させましょう。

慣れれば、秒数の感覚でLEDを見ずに操作できるようにまでなります。大体5秒くらい長押しすると未接続も初期化も避けられます。

どちらを買うべきか迷っている方へ

記事では、安価で高性能なAnker Soundcore Liberty Air 2 Pro を使って、出来るだけAirPodsの代わりになるよう、iPhoneとその他の製品間でのマルチペアリング切替をスムーズにやる方法を紹介しました。

この記事の手順を読んで、読者の皆さんはどうお感じになったでしょうか。仮にあなたが今iPhoneとその他のApple製品とのマルチペアリングを検討しているとして。。

力か知恵か

面倒すぎてやってられない、と思ったのならば、あなたにはAirPodsを使いこなす資質があります。他にもあるたくさんの固有メリットを下記記事で確認し、最終判断してください。

Air2Proやその他の他社製イヤホンに比べ高額ですが、得られる利便性は無比の価値をもたらしてくれます。費用をかける意味があるでしょう。

力か知恵か

まあやれるかな、と感じたならば、あなたには選択肢があります。

記事で紹介した最小の手間と、AirPodsーAir2Pro間にある価格差とが、あなたの価値観に照らして妥当だと思うならばAirPodsに費用を出す価値があります。割高すぎると思うならばAir2Proの方を買ってショートカットを持ち帰り、記事の手順に習熟した方が良いでしょう。

MacやiPadを持っておらず、使うつもりもないならば

MacやiPadを持っておらず、使うつもりもないならば、Air2Proを買ってショートカットを持ち帰り、iPhoneとあなたのWindowsやSurface、Androidとスムーズに切り替えられるようトライしてみましょう。それが最もコスパが良いと思います。

この記事の情報があなたの手間と失敗を回避し、あるいは迷いを晴らす一助となったならば幸いです。