薬剤不要で羽虫を退治 ガーデニングに最適の充電式殺虫灯ランタン

そこまで虫に神経質でない人でも、ガーデニングの植物を荒らす羽虫が出たら追い払いたくなる時がありませんか。室内の観葉植物や口にする野菜・ハーブの栽培ならなおさらです。

この記事では、殺虫剤や農薬と異なり人体に無害な虫よけ方法として、近年極めて廉価になった充電式殺虫ランタンをご紹介し、選び方と使い方、応用をご提案しています。ご参考ください。

殺虫灯とは 仕組みと効果

殺虫灯とは、青色のUVライトで羽虫を誘引し、高圧電流で殺虫する仕組みの機器です。効果は見たことがあると思いますが、頻繁にバチバチと虫を引き寄せては焼き、あまりにも残酷な印象すら残す強力な代物です。

以前はよくコンビニの店先などで見られましたが、最近は音の煩さや清掃手間のため衰退気味です。あんなにも焼いて掃除のとき平常心でいられるスタッフもいないのでは。。客だって店先でバチバチやられて快適な人も少ないでしょう。

つまり、使い方にもっと注意の要る道具です。家庭で使うならなおさらです。

単にぶら下げて焼きまくるような商品設計の品物ばかりでうんざりしますが、うまく選んで使いこなせば清掃の負担も心理的な負担も減り、人体に無害な点でベープや蚊取り線香、殺虫剤に代わるポテンシャルがあります。

家庭用殺虫灯の選び方 充電式ランタンタイプのすすめ

家庭で使える価格帯の殺虫灯は概ね下記のとおりです。青いUVライトでおびき寄せる点は共通で、その後殺虫する方法と電源が異なります。

形式価格電源防水方式
電撃殺虫機高額コンセント有り電撃
ソーラーガーデンライト型廉価ソーラー有り電撃
ファン吸引型廉価USB給電無し捕獲
充電式ランタン型廉価充電有り電撃

電撃殺虫機は昔コンビニでよくぶら下がっていた青い電気ストーブみたいな形状の品です。コンセントから電源をとり、青いUVライトが強力に発光するので広範囲に虫をおびき寄せます。

ソーラーガーデンライト型は、杭を花壇にさして自立する青い庭園灯の形状をしており、ソーラーバッテリーで駆動する品です。充電手間がかかりません。

ファン吸引型は青いUVで誘引するところまでは同じで、そのあと電圧で焼くのではなく扇風機の風圧で捉えて死滅させるところが他と異なり、バチバチ音がしません。

充電式ランタン型は電撃殺虫機の概念をそのままパワーダウンして持ち運び可能な防水タイプにしたもので、普通のライトとして使える機能を兼ね備えています。

どれも強力で便利そうな特性を備えていますが、やたらと広範に虫を集めすぎるものは後で掃除や精神的ショックが大きくなります。

家庭での利用においては、広範囲に虫をおびき寄せる電撃殺虫機も、四六時中焼き続けるソーラー機能も、おそらくオーバースペックになって持て余すでしょう。

自分が必要な時だけ必要な場所に持ち出せて、光や音で目立つことなくひっそり最低限の仕事をこなし、極力清掃手間が省ける物があるならばそれが一番良いです。

ファン吸引式は大変有望な仕組みですが、現在のところ充電式がなく有線のみです。持ち出したい場合はモバイルバッテリー併用となるデメリットがあります。

何より肝心の吸引力が乏しく、おびき寄せるところまでは良いのですが効果的に捕虫できないことが多いです。まだ発展途上の製品だと思います。

以降の記事では必要最低限の効果と携帯性のある充電式ランタンタイプに着目し、ご紹介していきます。

充電式ランタンタイプ殺虫灯のメリットと使い道

殺虫ランタンタイプは充電式で完全防水なので、就寝時の屋内のみならず夕涼みの屋外やガーデニング、キャンプにも持ち出せるメリットがあります。

また、虫の死骸が付くことになる殺虫灯部分も直接水洗いできる防水です。どうしても虫の死骸の清掃は避けて通れないので、なるべく手間や視認なく清掃するのに水で完全丸洗いOKな点はとても大きなメリットになります。

パチパチ殺虫音については、コンビニのものと比べてかなり電圧が弱いため、ほとんど気にならないと思います。筆者はふだん全く気づきません。殺虫力はそれでも十分あります。

これを必要な時だけ、必要な場所にのみ持ち出して使用するようにすれば、その方が掃除の手間も減るし必要は十分満たせるでしょう。

羽虫が出た観葉植物などの植木鉢に、一晩直接つきさす使用法

最も適した使い方は、羽虫が出た観葉植物などの植木鉢に、一晩直接つきさす使用法です。

はじめから完全防水型なので、多少雨に降られても支障ありません。

これだけで翌朝までにかなり駆除できます。画像は閲覧に注意してください。

一掃

殺虫灯の弱点と限界

高い殺虫力は蚊にももちろん効果がありますが、限界もあります。

殺虫灯の誘引力は人体に劣るため、一度部屋の奥まで蚊に入られてしまうと殺虫灯でなく自分の方に蚊が来てしまうという弱点があります。

蚊は紫外線のみならず人体の熱や化学成分に誘引される性質があり、紫外線のみの殺虫灯では誘引力がどうしても人体に劣ります。

広い部屋で窓辺に設置し、自分は奥で眠るなどうまく環境づくりをできる場合は十分な能力がありますが、せまいワンルームなどでは安眠目的の機材としてはまだ能力が不足する場面があります

ガーデニングなど蚊以外の羽虫対策には最高のパフォーマンスを発揮するので、うまく使いこなしましょう。

殺虫ランタンをうまく使って快適な夏を過ごそう

記事では現在市場にある殺虫灯の選択肢と、選ぶときの注意点、使い方をご紹介しました。

必ずしも強力さを追い求めなくても、普段の暮らしに合ったものを選べば結果的に清掃の手間が省けて快適になります。

今年のガーデニングは殺虫剤など薬剤系に頼らず、殺虫ランタンをあらかじめ準備してオーガニックにやりすごす工夫をしてみましょう。特にハーブや野菜、室内観葉植物栽培で農薬を使わずに取り組みたい場合は、よい助けになると思います。

なお、夏の夜を蚊に悩まされず過ごしたい方は、 折りたたみワンタッチポップアップ蚊帳で安眠 薬剤不使用蚊対策3種比較 をご覧ください。きっと悩みを解決する力になれると思います。