このサイトについて

マクドナルド隠し裏メニュー ダブルブランチセット

一般にマクドナルドの隠しメニューは、見ていて楽しいものですが、実際にじぶんがやれるかというと難しかったりします。店員に無理を言って迷惑をかけたり、結果的にやたら費用のかさむ事は避けたいものです。

そこで記事では、お得で迷惑をかけない、楽しいマック隠しメニューというものをご提案したいと思います。

この記事の著者

この記事は、マックでホットコーヒーとシェイクを同時注文し交互に飲むような特殊なパターンで独自の裏メニューを究めている筆者 デフラグライフ よりお送りします。

スポンサーリンク

ソフトダブルブランチセット 360円

ソフトダブルブランチセット 360円

表題のダブルとは、バーガーの肉など何らかの部位がダブル(二重)になっているセットのことを指します。今回紹介するセットはバーガーとパンケーキの構成ですが両方ダブルでクリームのしたたる強烈に個性的な代物です。

構成と試食

構成と試食

結構ボリューミーに見えますが、実際かなり効きます。ブランチにこれを食べれば、混雑を避けて休日の朝食と昼食を兼ねられます。親子など二人で分けて楽しんでみても良いかもしれません。

右のダブルバーガーは肉の味がちゃんとするようになるので、食べがいのあるメニューです。10年以上前に廃止となったマック幻のメニューを懐古しながら、今でもこうして食べられます。

左のパンケーキは、メープルの染み込んだホットな厚いパンケーキに、ひんやり冷たいバニラクリームが載った、サクサクのパフがアクセントの気の利いたデザートです。

焼きごてのMマークもバッチリ入ってます。マックに昔あったハワイアンパンケーキを彷彿とさせます。

注文方法

ネットで聞きかじったような裏メニューを、本当にカウンターでやるような人はほぼいないし、いたら迷惑で結構恥ずかしいものです。外国人バイトに通じないつゆだくを連呼するような事ほど、しんどい場面はありません。

注文方法

その点、このメニューはそういう心配はありません。10時20分より少し前までに、マクドナルドのアプリからモバイルオーダーで「マックグリドル」を注文し支払い、作成までを済ませ、下記のような注文番号を取っておいてください。

番号を取らずに途中までで止めてしまうと、20分を境に途中だった注文は無効になってしまいます。

オーダー番号

そして10時30分を過ぎたら店に行き、「ハンバーガー」と「ソフトクリーム」を店頭で注文し、あとはカウンターに置かれたグリドルとまとめて受け取るだけです。総額は360円となります。

この後どうすれば良いか言うまでもないと思いますが、持ち帰って肉移動とコーン破壊の作業を実施します。

この構成では、ソフトクリームは手で持って運ぶほかないので、家や自動車など食べる場所が近くに必要です。なので初心者ならば、まずはもっと簡単な後述のダブル朝マックから試してみることをお勧めします。

注意点

  • モバイルオーダーは10時30分ではなく10時20分で朝マックと切り替わります。
  • グリドルの肉はソーセージなので、ハンバーガーのパティとは厳密には異なります。
  • ソフトクリームは手で持って運ぶ必要があるため、考慮が必要です。アップルパイに代える手も有効です。

コスパ確認

コスパ確認

まともに単品で積算すると、ダブルバーガーは260円、パンケーキは250円相当なので510円かかります。今回の隠しセットは単品積算より150円、約30%OFFのお得なメニューとなります。

ダブルバーガーは現在のメニューに無いので、ダブルチーズバーガー340円から、トッピング追加でかかるチーズ40円を2枚分差し引いた260円が推定価格です。

ハワイアンパンケーキも現在のメニューにありませんが、当時は290円だったので、ベリーソース推定40円を差し引いて250円を推定価格としました。

より簡単なバリエーションメニュー

ダブル朝マックセット 260円

ダブル朝マックセット 260円

10時20分より前にモバイルオーダーで「ハンバーガー」を「ソーセージマフィン」に変え、「ソフトクリーム」を無しにします。あとはグリドルの肉移動をするだけです。

全てアプリからモバイルオーダー1回で完結できるので、初めてでも最も簡単に誰でも間違い無く実行できます。

10:30をまたがなくても、早朝いつ行っても実現できてより自然体で楽しめます。マフィンなのでバーガー属性が失われますが、チーズが1枚追加されます。

汁気がないので、両手に1個ずつ持って交互にかじるとかそういうジャンキーな食い方ができるのも魅力です。

メープルダブルブランチセット 390円

メープルダブルブランチセット 390円

基本形からソフトクリームを外し、「ホットコーヒー」あるいは他の好きなドリンクを注文してください。受け取り時に、裏メニューの「メープルシロップ単品(30円)」を追加注文する必要があります。総額はシロップ分30円上昇します。

メープルシロップ

ソフトクリームの運びにくさから解放される一方、裏メニューの口頭注文が必要なため、違った意味でハイレベルな注文方法です。店員に通じなかったら早々に諦めてください。運次第です。

シロップのかけ過ぎ

写真のように溢れてしまわないよう、シロップのかけ過ぎに注意しましょう。ドリンクの種類によっては、入れて飲んでみても良いかもしれません。メープルシロップをドリンクで割って飲んでると人に知られたら、あなたがかなり特殊なマクドナルドファンだと友人に伝わるでしょう。

マクド隠しメニュー初挑戦してみよう

マクド隠しメニュー初挑戦してみよう

記事ではマクドナルドなどファストフードにありがちな隠し裏メニュー的楽しみ方を、店員や他の客に迷惑をかけず、かつ、お得にやる方法を紹介しました。

これで、呪文のような珍メニューを外国人店員にささやいて迷惑をかけるようなことも、変なマシマシトッピングで新入りのバイトを戸惑わせ、後ろに長い行列を作るようなこともありません。

やってる事はありふれた隠しメニューを超越したレベルで変態ですが、はた目には普通の注文者にしか見えず、紳士の態度を貫けます。隠し裏メニューを挑戦するのが初めての人でも、楽しく安全に仲間入りできるでしょう。歓迎します。

お知らせ

動画始めました。内容がマニアックすぎるので、奇跡的に興味と一致した人は字幕ONでご覧ください。

読者コメント