このサイトについて

メルカリショップ/Shopsの匿名と送料手数料メリット比較分析

2021.7.28.突如として メルカリShops のメルカリアプリ内サービスがプレオープンしました。個人法人を問わずネットショップを開設できるサービスで、現時点で競合にミンネ、クリーマ、あるいはベイス、カラーミーなどが考えられます。

メルカリは競合に比べ圧倒的にユーザーが多い、つまり、商品が売れやすいので、有力な候補となる可能性があります。

また、ネットショップ未経験の個人にとっても、メルカリらしさ、つまり匿名性がどうなのか気になるところと思います。

すでにネットショップをやっている人にとってはメルカリShopsの送料・手数料体系が、これから興味のある人にとっては匿名性が、それぞれ核心的に気になる部分と思いますので、その点に絞って情報収集し、競合と比較検証していきます。

なお基本的な内容のコピーは当サイトでは扱いません。公式サイトをご覧ください。

スポンサーリンク

メルカリShopsは匿名でできるのか

売り手側の匿名性はほぼ無い

売り手側の匿名性については少なくとも、運営者情報を通常非表示にはできるものの、ユーザーから開示請求された場合は、ショップの運営者情報として住所、電話番号、氏名が開示されます。これはどういうネットショップアプリでも共通の宿命で、特定商取引法によるものです。

現在の公式Q&A内には2点関連記述があります。

ひとつは「メルカリShopsのアカウントを非公開にするには?」というリンクで、当初はアクセスすると上記画像のような認証とエラーが発生していましたが、今は普通に見れます。

単純にアカウントも商品の公開も、運営者情報開示も停止されるので、長期休業時などのための機能と思われます。

流れ的に気づいた人もいると思いますが、現時点、メルカリShopsは退会ができません。一度登録すると、仮にメルカリ本体のアカウントを削除しても、Shopsアカウントは非公開休止ができるのみです。

もうひとつの記述は、【「ショップ運営者の住所・電話番号」は「本人についての情報」とは別のものを設定できます】というものです。この記述は当初、【「ショップの運営者情報」は「本人についての情報」とは別のものを設定でき、個人・個人事業主の方も設定が可能です】でしたが、2021.8.5時点、改訂されました。

要するに、開示される住所と電話番号は、それが本物で通じるものである限り、別のものを設定できるものの、本人の氏名は明かされる、ということです。

このことは恐らく、返品とクレームは別の場所に振り分けられるということを意味しています。とはいえ別の場所は事実として運営者でなければなりません。

「本人についての情報」は、メルカリShopsに初回登録する時に入力する本人情報と思われます。これが正しくないと売り上げを回収できません。

この経緯からメルカリ自身は明らかに匿名性の価値を意識していたと思われますが、とはいえ法令は遵守せねばなりませんので、どう転んでも匿名での出店は今後も不可能という結果にやはり落ち着きました。残念ですが、裏技はありません。あれば、それが違法です。

買い手側の匿名性は無い

買い手側の匿名性は端的に公式回答されており、現時点匿名性なしです。買った人の住所氏名が、売り手側に表示されます。

2021.8.5更新情報

公式サイトの該当ページで、匿名配送に関する記述が更新されました。当初匿名非対応が明記されていましたが、今後対応する可能性を示唆するものに変更されています。

とはいえ違法行為はできないので、匿名配送できたとしても、運営者情報開示制度は残ります。つまり、匿名配送が実現した場合、買い手の匿名性だけが保護される結果となります。

これは買い手のハードルを大幅に下げ、真の意味で他のメルカリ中古品を買う時と同じように買い手が買えるようになる条件の一つ(もう一つは、送料の買い手負担)を満たすことになるので、実現すれば大きな進歩です。

買い手のハードルが下がれば、買い手の数が増えることになるので、売り手にとっても大きなメリットがあります。

送料はどうなるのか

送料体系は現時点で何もなく、売り手任せです。既存のメルカリ便がどこまで使用できるのか、まだ未知数です。もしもメルカリ便が使用できず通常配送になると、以下のデメリットがあります。

メルカリ便を使えないデメリット
  • 宛名書きが面倒
  • 距離別送料がかかる
  • 買い手にとっては、ショップごとに異なる送料を求められる可能性があり、面倒になる

なお公式サイトには、

「パワーアップ版メルカリ便:送り状の一括発行手続き、大口個数も対応可能になります。」

「クール便対応開始:クール便対応で、生鮮食品がさらに送りやすくなります。」

の2点のみ記述があります。宛名書き等のデメリットが解消されるのか、引き続き情報が出次第分析します。

競合との手数料比較

送料体系がまだ不明のため、真の競合が何なのかまだ断定できません。とりあえずハンドメイド系アプリとASP系ECアプリで比較しておきます。Amazon、楽天、Yahoo!ショッピングといった大口モールECは現時点では比較から外しています。

手数料表初期費用定額費用販売手数料振込手数料
メルカリShops0010%200円
ミンネ0010.56%220円
クリーマ0011〜15.4%+42円55〜275円
ベイス006.6%+40円750〜250円
カラーミー
フリープラン
006.6%+30円決済方法による
STORES
フリープラン
005%275円

手数料設計から言えることは、ASP系ECアプリではなく、ミンネやクリーマといったハンドメイドアプリを競合として意識しているということです。その中ではすぐにもトップに君臨し得るでしょう。

その他注意点とメリットまとめ

通常のメルカリとは逆に、免許がないと中古品販売ができません。古物営業法に引っかかるからです。

総合的に今ある情報だけだと、メルカリShopsのメリットがあるのは、今ミンネやカラーミーなどすでにハンドメイドかECアプリで安定的にネットショップをやっている人です。いち早く参入し、広い市場を試す価値があると思います。

ネットショップをやったことがない、小口販売の個人からすると、新たに始めるきっかけとなるようなメリットは現時点乏しそうです。現状ではノーマルメルカリで売った方が良いと考えられます。

メルカリShopsのメリットまとめ
  • ミンネ、クリーマに比べ手数料が安く、アプリユーザーが多い
  • ベイス、カラーミー、STORESに比べアプリユーザーが多い
  • クール便が使える

ところで読者の方で今すでにネットショップ(スズリ除く)をやっている人がいましたら、ノーマルメルカリに比べて何のメリットがあるのか教えていただけませんか。筆者のTwitterにアドバイス戴ければと思います。

筆者には、他のいかなるネットショップよりもノーマルメルカリの方が、客が多く、何よりメルカリ便によって距離別送料のかからないメリットが莫大に思えてなりません。確かにストアズの方が手数料が低いので、高額品を扱うには良いかも知れませんが、客が少なく売れにくければ意味がない。。

オーダーメイド系の商品は、ノーマルメルカリではやりにくく、他のネットショップや今回のメルカリShopsの方が適する可能性があるかもしれません。

おまけ 今後の展望に関する考察

あとよろメルカリ便の記事でも考察しましたが、このサービスは売り手が匿名性を失う法的宿命があるので、農業など生産者や、売れっ子のハンドメイド作家のためのサービスに特化していくのが長所を活かす道と思われます。継続的に売り上げのある売り手です。

例えば倉庫梱包など彼らにとって時間的に有利な制度となり、それが買い手の価格的有利に反映されれば、買い手にとってもメルカリがより魅力的な場所になる可能性があります。

その場合は、同時に転売業者や偽物業者にとっても都合が良くなるため、これを解決する必要があります。手作りというキーワード、それを証明あるいは審査する仕組みが鍵になると今は思います。

例えばメルカリ自身がSNSサービスを始め、そこで信頼を得ているアカウントのみを認めるなどです。引き続き観察してみましょう。。