このサイトについて

iPhone写真長押しでPDF作成保存する標準機能の使い方

iPhoneには元から標準でPDFを作成する機能が備わっており、それを使う方法もブックやメールアプリ、画像ピンチインからプリントメニューなど多種多様です。

問題はそれぞれの場面ごとに方法が異なっていて、覚えていられないことです。

この記事ではiPhone上にある写真や画像を長押しして出る共有メニューにPDFボタンを表示させることで、PDFを作成保存できるようにする方法をご紹介します。

iPhone写真長押しでPDF作成保存する標準機能の使い方

自分で撮った書類写真や、ネット上にある画像など、およそiPhone上にあるほとんどの画像は、長押しすればメニューが出てPDF化できるようになります。

設定にはiPhone標準アプリである「ショートカット」しか使いません。変なアプリや契約、料金は不要です。この記事を読んで、時間の合間にでも設定しておけば済みます。

設定して以後はそのショートカットアプリの起動すら必要なく、常にどんな場面でも、ただ画像長押しでPDFボタンを押せば作成保存ができるようになります。

スポンサーリンク

ショートカットアプリを最新版にする

Appleショートカットアプリを最新版にする

「ショートカット」とは、iPhoneに初めから入っているApple謹製の標準アプリです。もし過去に消してしまったという場合には、AppStoreから再インストールしておいてください。

原則としてアプリもOSも最新版が必要です。

ショートカットアプリを最新版にしたら、下記のボタンから「PDF」ショートカットをインストールしてください。このショートカットは筆者がApple標準の機能と方法に沿って自作したものです。

インストール時に出る各種警告や操作については、iPhone標準アプリで写真サイズ容量を小さくする設定と解像度目安 を参考にして許可を与えてください。

ウイルスや、変な情報を盗まれたり、金銭が絡んだりするようなものではありません。また、不要になれば跡形もなく綺麗さっぱり削除できます。

写真や画像をPDF化する

ショートカットのインストールが終わったら、早速適当な写真をPDF化してみましょう。ショートカットアプリ自体は特に起動の必要はありません。

いつもの写真アプリを開き、適当な写真を長押しして選んだら、表示される共有ボタンを押してください。

写真や画像をPDF化する

写真アプリじゃなくても、適当に選んだどんな写真や画像でも、長押しして共有メニューが出ればそれでOKです。

他の手順でも、とにかく四角に上矢印マークの共有ボタンを押せればどういう方法でも構いません。

共有ボタン

すると、メニューがいくつか出るのでスクロールし、「PDF」ボタンを探してタップしてください。

タップするとPDFが作成されますが、元の写真や画像も消えずに残るので安心してご利用ください。

上記写真では設定変更しているのでPDFメニューが最上段に出ていますが、初期設定だと最下段に出ますから、スクロールして探して下さい。

初回などでメニューが出ない場合は端末を再起動して下さい。

PDF化が完了して保存先を聞かれます

タップするとショートカットが起動し、PDF化が完了して保存先を聞かれますから、適当に選んで保存してください。デフォルトだとiCloudか、「このiPhone内」のどちらかが選べます。

好きな場所を選んで右上の「保存」を押せば終了です。保存したPDFは、Apple標準の青い「ファイル」アプリからアクセスできます。

ファイルアイコン

メール添付など他のアプリから呼び出す時は、通常通りファイルアイコンを押してさっき保存した場所を探せば作成したPDFが見つかります。

LINEなど他アプリ画像をPDF化する

画像のPDF化も、方法は同じです。PDFにしたい画像を長押しして、共有メニューからPDFボタンを押すだけです。

長押しできない画像や、うまくいかない時は近くに共有マーク(四角に上矢印のアイコン)がないか探してタップして下さい。

LINEなど他アプリ画像をPDF化する

今読んでいるこの記事の画像でもどれでもできますし、LINEで友達に送ってもらった写真も共有ボタンから右下の「他のアプリ」を押すといつもの共有メニューが出るので、同様にできます。

上位でiOSと一体化

この記事でインストールしたショートカットは、LINEやその他のアプリよりも上位でiOSと一体化しており、かなり広い場面でユニバーサルに同じ方法で使えます。

Webページ全体をPDF化する

Webページ全体を一気にPDF化したい場合は、もっと単純です。

今読んでいるこのページを試しにPDF化してみましょう。スクリーンショットを撮ってください。撮り方は機種によって違います。電源ボタン+ホームボタンか、音量UPボタン+サイドボタンがよくあるパターンです。

Webページ全体をPDF化する

撮ったら左下に出るサムネイルが消える前に素早くタップし、画面上方にある「フルページ」を選んで、左上の「完了」を押し、「すべて”ファイル”に保存」を押せば同様に保存先をiCloudか「このiPhone内」どちらにするか選べるので、選べばPDF化して保存できます。

素早くPDF化して使おう

素早くPDF化して使おう

iPhoneからPDFを作らねばならない場面とは、仕事で先方に送るときなど、出先や急ぎで対応せねばならずパソコンに繋げられない場面が多いと思います。

そういう時PDFアプリをわざわざ探したり、方法を調べていたのでは時間がかかってしょうがありません。

記事で紹介したショートカットを入れておけば、Apple標準機能だけで解決するので余計な広告付きアプリを探して入れる手間もなく、簡単なOS共通操作で素早く解決できるようになります。試してみてください。

同様にショートカットを使って、隠れたiPhone標準機能を使いやすく解放する方法は、他にもあります。iPhone標準アプリで写真サイズ容量を小さくする設定と解像度目安 も必要に応じてご利用ください。