MacBookAir2020M1 7コア8コア比較検証

スポンサーリンク

2020,M1チップ搭載のMacBookAirには、最安のGPU7コア(SSD256GB)モデルと、高い8コア(SSD512GB)モデルの2種類があります。

ここではどちらを選べば良いかの判断材料となる情報を整理し、端的な結論にまとめてお伝えしています。ご参考ください。

7コアと8コアの相違点と詳細内訳

2020,M1 MacBookAir7コア機8コア機
総額141,460円168,960円
ベンチマーク1823521579
SSD最小構成256512

                      
総額はAppleCare +有りで消費税込みの、最小構成価格総額です。

ベンチマークはGeek benchのMetalスコアです。

重要な注意点として、8コアモデルはSSD256GBが選べません。最低512GBからとなっています。

GPU7コアと8コアの性能差

コア数が8から7に下がるということは、計算上は7/8=12.5%、動画処理能力が下がることになりそうですが、そこまで単純ではありません。

M1チップのGPUコアは標準で、性能優先のパフォーマンス コアと、電力効率優先の効率性コアが半々という内訳になっています。

macbookair 2020 M1 gpuコア内訳

実際、動画処理のベンチマークによれば21579→18235となっているので、約15.5%のスコア低下が見られます。

コア数の割合以上にスコアが下がっているので、7コアモデルはパフォーマンス コアが1個削られていると考えられます。

つまり単純なスペック上は、2機種の差は以下にまとめられます。

差額27500円かけて、約15%のGPU性能アップと256GBのSSDを追加するかどうか。

性能差と価格差とが妥当か検証する

違いをさらに細かく見ていきます。SSDは256GBあたり22000円(税込)でオプションとして追加できるので、内訳を考えると以下に集約できます。

差額5500円かけた約15%のGPU性能アップと、差額22000円をかけたSSD256GBアップのセット販売を買うどうか、の差。

5500円でGPUが15%性能アップするのはまあまあ妥当です。
15%のパワーが5500円ということは、100%に換算すると36666円です。

このベンチマークスコアのビデオカードを36666円で買った計算とすると割高ですが(同等スコアのRadeonRX560が2020.11現在22000円程度)、M1ならコンパクト低発熱、低消費電力で内蔵できると考えると総合的には妥当な価格です。

一方SSD256GBに22000円は今の相場からすると高過ぎます。内蔵でアクセススピードがわずかに高いことを考えても割高です。

迷っている人へ結論

スペック差を価格で見ると、GPUは得でも損でもない妥当な価格、SSDは割高です。

よって、以下のように結論します。

  • SSD容量が心配で8コアモデルを選んだりアップグレードしようとしている人は、外付けSSDやデータの縮小、クラウドなど他のコスパあるいは便利のいい方法がないか、そこまで必要かどうかもう一度視野を広げてみておいた方がいい。7コアが再考に値する。
  • 動画編集、フォトショップなど画像編集、CADなど製図ソフト、PCゲーム、いずれかを頻繁にやるつもりなら8コアモデルに費用を出すだけの価値がある。

なお購入はAmazonの方がAmazonポイント分得で、AppleCare+も同時購入できます。

記事は以上です。読者の参考としてお役に立てば幸いです。

なおMacBookがテレワークに最適なのかどうかの答えは、 MacBook2020M1はテレワークに使えるのか iPad Surface比較 をご覧ください。

iPadと比べた時の携帯性、操作性の実用上の違いについては、 新しいiPadAir第4世代とMacBookAirM1比較 操作性検証 をご参考ください。