iPhone標準アプリで写真サイズ容量を小さくする設定と解像度目安

スポンサーリンク

iPhoneで撮った写真がいっぱいになって容量が足りない。だけどお金はかけたくない、変なアプリや契約を入れるのも面倒、パソコンや外付けに出すとiPhoneで見れなくなるから嫌、画質もできれば落としたくない。。

こんな風に矛盾するたくさんの悩みをかかえて結局何も出来ずにいる方へ、解決法をお知らせします。この方法にはこんなメリットがあります。

  • 容量をあけられる:写真サイズが1/10くらいになります。
  • 無料、アプリ追加不要:iPhoneに最初から入っている標準アプリの無料機能だけ使います。
  • 外付け機器やパソコン不要:iPhoneに最初から入っている標準アプリだけ使い完結します。
  • オーバースペックな画質を落とす:世間一般の平均に照らして必要十分な画質を決め、過剰なデータを削除することで品質を保ち容量を圧縮することを目指します。

ごらんの通りお手持ちのiPhone以外に何のアプリも機械も契約も費用も必要としませんから、思い立ったらどこに居てもすぐ試せます。

やってみる手順も数タップ短時間でできる簡単な方法にまとめていますから、気にいるかどうかまず1枚の写真で試してみてはいかがでしょうか。

iPhone標準アプリで写真サイズ容量を小さくする設定と目安

また、 後日公開の別記事 には詳しい技術情報とカスタマイズ設定方法もご紹介しています。自分で縮小後の解像度を数値指定したい人や、よく理解して検討したい方はご覧になってください。

きっと、長年の容量の悩みに出口の道筋をつけることが出来るでしょう。

iPhone標準機能で写真をリサイズし、空き容量をふやす

iPhone標準機能で写真をリサイズし、空き容量をふやす

iPhoneには標準で写真をリサイズし、空き容量を増やす機能が初めから備わっています。ただし見つけにくく使いにくい場所にあるため、これを写真1枚1枚についてそのまま使おうとするとかなり面倒です。

そこで当サイトではあなたの志向に合わせて、簡単な操作だけでこの機能を利用できる2種のショートカットをご用意しました。

ショートカットの仕組み

ショートカットとは、iPhoneに初めからインストールされているアプリのひとつです。以前に削除してしまった方は、AppStoreから再ダウンロードしておいてください。また、すでに持っている方は最新バージョンに更新しておきましょう。

ショートカットの仕組み

ショートカットアプリとは、iPhone内の機能やアプリ機能の動作を自動化するためのアプリです。今回だと、あなたがカメラロールで写真を選択し許可すると、選んだ写真だけをiPhone標準の機能である画像リサイズ機能を使って縮小する、という動作を自動化させています。

写真は複数まとめて選択し処理することもできます。処理後、処理前の画像を残すこともできます。残すと当然容量は空きませんが、保険をかけて試したい時や、容量には困っていないけどサイズの異なる画像が必要なときに役立ちます。

2種のショートカット

今回は画像の使用目的、縮小度合いによって2種類のショートカットをご用意しました。この後の青いボタンいずれかをタップするとiPhone標準の機能によってダウンロードされます。

ダウンロード画面が出たら一番下までスクロールし、赤い文字で「信頼されていないショートカットを許可」と書かれている箇所をタップして許可してください。

うまくいかない場合は、設定>ショートカット>信頼されていないショートカットを許可 の方もONになっているか確認してください。

信頼されていないショートカットを許可
信頼されていないショートカットを追加

このショートカットは筆者がiPhone標準の機能だけを組み合わせて動作を自動化し、公式の方法で誰でも簡単にダウンロードできるようにした、手作りのショートカットです。

Appleはこのように、ショートカットをユーザーが手作りしてそれを公開できる仕組みを整えています。興味をもったら、あなたも手作りして他の人に発表したりできます。利得はありませんが、費用もかかりません。

使ってみて気に入らなければ跡形もなく綺麗に削除できます。むろん、変な情報を盗まれたり金銭が絡むこともありません。

いちど許可しても他のショートカットを入れる際はまた許可を要してきます。一度許可したからといって以降ずっと勝手に許可されるような事にはなりません。

画面用リサイズが適する人
  • 撮った写真を、スマホ、タブレット、パソコンなどの画面で見ることがメイン
  • 撮った写真をテレビに映したり、印刷したりすることがほとんどない
  • 撮った写真をブログ上で共有することが多い(ネットで軽く素早く表示させる必要がある)

このショートカットを使うと、例えば1枚あたり2MB(約2000KB)程度の写真は約200KB程度になります。元のサイズの10%くらいになります。

テレビ写真用リサイズが適する人
  • 撮った写真を、テレビに映して見たり、コンビニやプリンタで印刷することがよくある
  • 撮った写真をブログに載せることはほぼない

このショートカットを使うと、例えば1枚あたり2MB(約2000KB)程度の写真は約500KB程度になります。元のサイズの25%くらいになります。

画像をリサイズすると画質が落ちるのでは?

画像をリサイズすると、画質は落ちます。画質の話になると、dpiや解像度などややこしい話が始まって結局変なアプリや契約、機械を勧められ、当惑した方は多いでしょう。

画像をリサイズすると画質が落ちるのでは?

写真は高画質なほど良いに決まってます。しかしそのためにあなたのiPhoneがいっぱいになって結局削除したり、メール添付にも読み込みにもサイズが大きすぎて苦労したりしたのでは、頻繁に支払うストレスと得られる価値が割に合ってきません。

でも、画質を落として汚くなったら最悪です。ではどうすればいいか。

それには、世間のみんなが使っていて支障のない平均的な画質がどの程度なのか知り、それを下回らない範囲に画質をそろえ、最適化することが一つの方法です。

平均的な画質の目安

平均的な画質については、ネットにたくさん情報が転がっていますので検索するといくらでも見ることができます。詳しく知りたい方は 後日再公開の別記事 をご覧ください。ここでは結論だけをお伝えしたいと思います。

平均的な画質の目安

結論としては、写真を使う目的がほとんどスマホやタブレット、パソコンなど画面で見るだけという場合、必要な画質は画像サイズで1280×960pxです。これ以上は肉眼で識別するのが難しいレベルの差で、明らかにオーバースペックです。

写真を、コンビニ写真プリントなどでよくある普通の写真L判サイズ(127×89mm)に印刷したり、4Kではない普通のテレビ画面に映すことがままあるという場合は、必要な画像サイズは2048×1536pxです。これ以上はあっても自己満足の世界だと思います。

写真をA4サイズ以上の紙にプリントしたり、4Kテレビに4K画質で映したい予定があるなら、その写真はリサイズすべきでありません。iPhoneで撮った写真そのままにして使うのが最適です。

写真を縮小する時の解像度幅まとめ

※高さは自動設定にし、幅のみ目安に合わせて縮小すると楽に失敗が少なくなる

  • スマホ、タブレット、PC画面用:幅1280px
  • 写真L判印刷、非4Kテレビ投影用:幅2048px
  • A4以上の印刷、4Kテレビ投影用:幅3840px

※iPhoneメインカメラの初期設定は多くが幅4032px

ご紹介したショートカットは、それぞれ選択した写真を画面用の幅1280pxか、テレビ写真用の幅2048pxに合わせるよう組んであります。高さは元の比率を壊さないよう自動で合うようになっています。

リサイズショートカット

なお、iPhoneのメインカメラで撮った元写真そのままの画質は、機種によって多少異なりますが、概ね画像サイズで4032×3024pxです。

画像リサイズショートカットの使い方

2種どちらか好きな方のショートカットを許可してインストールしたら、早速写真を1枚縮小して試してみましょう。縮小前の写真を残しておくことで、結果が不満でも元に戻すことができます。

なお、先にテレビ写真用ショートカットで縮小したものを、さらに画面用ショートカットで再縮小することもできます。テレビ写真用から画面用と2段階で縮小したものと、最初から画面用で縮小したものとで、結果は変わりません。

写真を選択し、リサイズする

ショートカットアプリから、先ほどインストールしたショートカットをタップします。今回は画面用リサイズの方で実演します。

画像リサイズショートカットの使い方

タップするとカメラロールが開き、写真選択画面になります。

縮小したい写真をタップして選んでください。まとめて複数選ぶこともできますが、今回は実験用に1枚選択してみます。

写真を選択し、リサイズする

選択したら、右上の「追加」をタップします。するとショートカットが動作し、削除を許可するか求められます。選択した写真の枚数が多い場合は、縮小処理の動作に時間がかかります。トラブルを避けるため、削除許可を求められる表示が出るまでそっと待ちましょう。

削除を許可

削除の許可を求められた際、許可すると、元の大きいサイズの画像は消滅し縮小後の画像だけが残ります。空き容量を増やすには、この削除を許可する必要があります。

許可しなかった場合は、元の画像を残したまま、新たに縮小後の画像が作られます。当然空き容量は増えませんが、比較検討したりネットにアップするために軽くしたいといった時に有用です。

今回は実験なので、許可しない方を選択します。処理が終わったら、写真アプリを覗いてみましょう。元の写真の隣に、新たな縮小後の写真が並んでいます。

縮小前後の比較

まずは肉眼で見比べてみましょう。縮小後の品質はあなたの基準を満たしていたでしょうか。比較して、不満を感じる部分はなかったでしょうか。

次に縮小前後の容量を比較してみます。自分で容量を確認してみたい場合は、 縮小前後の写真のサイズを確認したい時(記事内リンク) の見出しから説明を読み、確認することができます。

縮小前のサイズ
縮小前
縮小後のサイズ
縮小後

実験を確認した結果が良ければ今度は、同様の手順で縮小したい写真たちを複数まとめて選択し、削除の許可を与えてください。これで操作は終わりです。縮小した枚数分だけ、やがて空き容量を増やすことができるでしょう。

削除した元の巨大画像は、写真アプリからアルバムに入って下の方へスクロールすると出てくる「最近削除したファイル」の中に残っているため直ちに空き容量が増えるわけではありません。30日後に空き容量は増えます。

最近削除した項目の解放

早く容量を空けたい場合は、最近削除したファイルのところに残っている写真を再度まとめて選択し、手動で削除してください。そうすると直ちに容量が空きます。

縮小後の解像度を自分で設定したい時

縮小後の解像度を自分で設定したい時

このショートカットで縮小後の解像度は、縦も横も1px単位で自分で指定することができます。縮小後も縦横比を維持したい場合は、縦か横どちらかのサイズのみ指定し、他方は自動としてください。

設定を変えたいショートカットの右上にある・・・マークをタップし、画像サイズの箇所を入力し直して完了すれば設定できます。

縮小前後の写真のサイズを確認したい時

iPhoneで写真画像1枚1枚のサイズや容量を確認したいときは、写真アプリから対象の写真を選択し、四角に上向き矢印アイコンの共有ボタンを押し、ファイルに保存を選択します。

縮小前後の写真のサイズを確認したい時
ファイルに保存

保存先はどこでも良いですが、「このiPhone内」の「ダウンロード」あたりが分かりやすいと思います。

保存先フォルダ

次に、ファイルアプリを開き対象の写真ファイルを長押しし、情報を押すと画像サイズと容量を確認することができます。

ファイルアプリ
長押しメニュー
情報を選択

この方法で、ショートカットを使って縮小した後と前のデータ両方を確認し、画像サイズと容量が変化していることを確認することができます。

ショーカットを使って、iPhoneの写真を上手に使いこなそう

記事ではiPhone標準のショートカットアプリのみを使い、iPhoneの写真サイズを縮小して空き容量を広げる方法をご紹介しました。

また、どこまで縮小すべきかのサイズで迷わないよう、用途別に2種のサイズに絞りご提案しました。

提案したサイズは、縮小しすぎや縮小不足で損をしないよう、世間の平均的な目安と現行の規格に照らして極力論理的に、最適な縮小値を導き出したものです。

詳しく知りたい方は 後日公開の別記事 をご覧ください。じぶんで解像度のモヤモヤを理解できるようになると、今後写真画像をメール添付や撮影、人に送るときなどの都度迷うことがなくなります。

ショーカットを使って、iPhoneの写真を上手に使いこなそう

一方、縮小すべきでない写真の利用目的についてもご案内しました。案内した使途のほかにも、縮小すべきでない写真というものはあります。

あなたにとって非常に大切な写真や、自分以外の誰かのために撮った写真は縮小すべきでありません。結婚式や七五三などで大切な集合写真や場面の写真は、いつか4Kテレビに映したり、大きく印刷してプレゼントしたりするときのために縮小せずとっておきましょう。

記事で提供した縮小ショートカットは、どの写真を縮小してどれを残すか、すべて任意で選べるようになっています。また、一度縮小したものに再度まちがえて縮小をかけたとしても、それ以上再縮小はされず劣化も無いようになっています。

どこでも時間の合間に、写真をポチポチ選択して縮小し元画像削除を許可するようにすれば、必要な画質を十分満たしながらも、容量に悩まされることはずっと少なくなるでしょう。