夏場に弱って温度の冷えない冷蔵庫を復活させる方法

夏場に弱って温度の冷えない冷蔵庫を復活させる方法

夏場の特に暑いとき、よりによって冷蔵庫の効きが悪い。。こんな経験はありませんか。

こないだまでよく冷えていたのに、今日開けたら冷蔵庫の中身は水滴がついていてぬるい。氷は表面がうっすら湿っている。でも完全に壊れたわけではなさそう。そんな状況にある人は、買い替える前にぜひこの記事に目を通してください。

記事ではこうした状況にある冷蔵庫を復活させるために、あきれるほど素直な解決方法を、原理の裏付けとともにご提案しています。

よくありふれた、庫内を掃除したり周囲にスペースをあけたり温度ダイヤルをいじるような方法は無効ではないですがそれだけでは焼け石に水です。原理に足りていないからです。

これから馬鹿みたいに素直な方法をお教えしますが、冷蔵庫が本当に壊れているのでなければ、馬鹿をみるような結果にはならないはずです。費用はわずか、手間も要しません。どうぞお試しください。

夏の冷蔵庫温度を復活させる方法と原理

結論からいうと、冷蔵庫の特定の場所に夏の間四六時中扇風機をかけます。これで弱った冷蔵庫の能力は復活します。ただし幾つか条件があるので具体的なコツは記事を参照ください。

小さな子供が思いつくような馬鹿げた方法だと一笑に付されるかもしれませんが、まずは実験結果を見てください。なにより原理的に理に適った方法なのです。

扇風機設置なし 通常使用時冷蔵庫 約9℃

/扇風機設置なし 通常使用時冷蔵庫約9℃

扇風機設置から90分後 冷蔵庫 約9→1℃

扇風機設置から90分後 冷蔵庫約9→1℃

測定条件:室温30度、エアコンOFF、窓開放状態のキッチンで、それぞれ庫内に温度計を設置してから10分ごとに扉を開いて確認し、それ以上温度が下がらなくなることを確認した時点での温度。都合によりそれぞれ別日に測定しています。

なぜこのような結果になるのでしょうか。それは、なぜ冷蔵庫が冷えるのかという原理に基づいています。

冷蔵庫が冷える仕組みと冷えなくなる理由

冷蔵庫が冷える仕組みと冷えなくなる理由

冷蔵庫の中身はなぜ冷えるのか。簡単にいうと、冷蔵庫の中にある熱を冷蔵庫の外に捨てているからです。

冷気で冷やしているからではありません。熱を、庫外に捨てているから冷えるのです。これはヒートポンプという仕組みで、身近なところだとエアコンや自動販売機も同じです。

エアコンは屋外の室外機を使って熱を捨てています。自販機は最初から屋外にあります。熱を屋外に捨てることさえできれば、あとは風が捨てた熱を持って行ってくれます。

でも、冷蔵庫は?冷蔵庫には室外機がありません。どこから熱を捨てていると思いますか。
冷蔵庫は放熱板という部分から熱を捨てています。放熱板とは、多くの場合冷蔵庫の側面パネルないし背面パネルもしくは天板そのものです。

さっそく、あなたの弱った冷蔵庫のところへ行って、手で触れてみましょう。機種によって多少部位は異なりますが、正面は常温でも、側面、背面、天板のいずれかはかなり熱くなっていたのではないでしょうか。

もし、冷蔵庫が弱っていてなおかつ放熱板も熱くなっていない場合は、故障寸前か、あるいは完全に故障しています。いそいで記事の方法を試し、だめなら故障である確率が高いと思って差し支えないです。

冷蔵庫は庫内の熱を、熱くなった放熱板から直接捨てています。ところが、捨てた先の部屋が暑くてこもっていたらどうでしょうか。冷蔵庫がうまく熱を捨てられず、結果として中が冷えなくなって弱っているように見えるということが分かると思います。

ですから、放熱板を冷やして熱を奪ってやれば、弱った冷蔵庫は再び庫内の熱を捨てられるようになり復活するというわけです。

熱を奪うために有効な力は、と、です。

熱い放熱板を冷やして冷蔵庫温度を下げる具体的な方法

とりあえず試すだけなら、あなたのお部屋の扇風機を冷蔵庫の側面に向けて数時間経てば結果がはっきりするでしょう。送風の際は部屋の窓をあけ風通しを良くするか冷房を行い、部屋全体が高温にならないよう注意してください。

でないと冷蔵庫から捨てた熱が部屋にたまる一方でどんどん暑くなってしまい、いつしかいくら風を送っても熱を捨てられなくなってしまいます。

以下では送風によってどの程度熱を奪うか参考に、温度計を側面放熱板に張り付けてみました。とはいえ、風を当てて10分後に手を当ててみた方が実感で早く分かると思います。

通常時の放熱板温度 おおむね常時38度
通常時の放熱板温度 おおむね常時38度
送風10分後の放熱板温度 38→31度
送風10分後の放熱板温度 38→31度

測定条件:室温30度、エアコンOFF、窓開放状態のキッチンで、それぞれ側面放熱板に温度計を設置してから10分ごとに確認し、それ以上温度が変化しなくなることを確認した時点での温度。都合によりそれぞれ別日に測定しています。

効果があると分かったら、もっと都合の良い道具を使ってみましょう。本当にずっと大型扇風機を冷蔵庫に向けていたら不便で邪魔です。

ハンディファン

このような道具を見かけたか、あるいはすでに持っている人もいるのではないでしょうか。なんとなく流行らなくなって外で使っていないなら、今こそ最高の役割を与えられます。

使い方は単純で、放熱板のどこかに向けて20cm程度離してつけっぱなしにします。向きは放熱板に対して斜めではなく、正面が効果的です。バッテリーを気にしないなら常時充電しながらずっとつけっぱなしにすると良いです。

理想は全ての放熱板の面全体に送風することですが、冷蔵庫周囲にそんなスペースがあるケースは稀でしょう。熱くなっている面のどこか1か所、ある程度の面積に向かって送風できればそれだけで十分効果を発揮しますので、やってみてください。

復活をとにかく急ぎたい場合は、送風と併用してこまめにペーパータオルなどに水を含ませて放熱板全体を拭くか、霧吹きで濡らすと気化熱により放熱速度が上がります。

原理を知って道具を使いこなそう

このように、弱って熱くなり壊れたと思っていた冷蔵庫は、実は熱をうまく捨てられずに困っていただけという可能性があることが分かったと思います。

壊れたわけでないなら、仮に送風しなくても窓をあけるか冷房をかけて長い時間待てば、やがては庫内は再び冷えてくれるはずです。しかし大変長い時間を要すうえ、冷蔵庫にも負担をかけますし、途中扉を開けばまた一から長い時間を待ちなおしです。

この待ち時間を短縮し、冷蔵庫の冷却原理を手伝って負担を減らす方法が、送風というわけです。

記事の方法を実行し、冷蔵庫が復活して、買い替えせずに夏を乗り切れそうでしょうか。

道具の原理を知ると、道具を使うあなた自身のスキルが上昇します。この記事のスキルは冷蔵庫に限らず、すべてのヒートポンプに応用できます。

室外機をもっと風通しの良い向きにしてみたらどうなるでしょうか。水をかけたり日陰に置いたら効果があるといえるでしょうか。夏は空調の無いこもった駅の自販機を我慢して、風通しのよい外に出てからジュースを買うようにしてみたらいいことがあるかもしれません。

道具や家電が壊れて困ったと思ったときは、症状を観察し、原理を知ってじぶんで考えてみると、新しいあなただけの解決スキルをあみだせる可能性があります。ぜひ頭の片隅にとどめておいてみてください。きっと暮らしのオリジナリティーが広がるでしょう。

おまけ インテリアにスキルを応用して家電を隠す

インテリアにスキルを応用して家電を隠す
ワインクーラーなどペルチェ素子式でなければ、原理は同じコンプレッサーによるヒートポンプです

ホテルインテリアでは、冷蔵庫や電子レンジなどの家電は収納の中に隠してあることが多いです。でも、ホテルの冷蔵庫はいつも効きが悪いと思いませんか?

記事の原理を知ったあなたなら、同じことを自宅でDIYするとき、どうすればよいか分かります。

正面を扉などで隠し、放熱面は通風できるように工夫すれば冷蔵庫の能力と美観を両立する方法を見い出せるでしょう。

逆に宿泊先のホテル冷蔵庫をなんとかする方法も編み出せるかも!?