トイレ電源がないときのコンセント増設格安簡単DIY

トイレ電源コンセント格安簡単DIY ウォシュレット利用・賃貸OK

自宅のトイレにウォシュレットを付けたいけれど、電源が無い。賃貸だから工事はできない、あるいは業者工事は高額で面倒だという方は、DIYで設置できないか検討してみましょう。

この記事では、ウォシュレットなどの目的でトイレにコンセント電源を必要としている方のために、照明を分岐するかアンダーカットを利用してコンセントを設置する方法を紹介しています。

ウォシュレットに限らずとも、トイレにコンセントがあると地味に便利な場面があります。

トイレにコンセント

消臭器具として ホテル客室清掃に学ぶ、お部屋の消臭最終手段 で紹介した除菌脱臭機を設置できたり、そのほかアロマ、空気清浄機、夜間電灯がまぶしすぎる場合のために足元灯など間接照明、ヒーターや暖房マット、扇風機のような空調、床掃除用の掃除機や、充電器置き場などに活用できるようになります。

予算は1000円以下、作業は30分で終わります。建物をどうこうするわけではないので、賃貸でも実行できます。条件が良ければ、早速やってみましょう。

トイレの照明に分岐ソケットを付ける

トイレの照明に分岐ソケットを付ける

トイレに電源コンセントを作る最も簡単な方法は、照明に分岐ソケットという品を付けてコンセントを増設する方法です。

分岐ソケットを使うと、従来の電球をそのまま使用できてなおかつコンセントが側面に増えますから、そこに延長タップケーブルを付けて壁伝いに下ろしてやれば、電源コンセントの出来上がりです。

トイレの照明を調べ、適切な器具を買う

まずは、トイレの照明が分岐できるかどうか調べます。電球を覆い隠しているカバー(ランプシェード)を逆時計回りに回して外し、以下のどの形状に似ているか判別してください。

電球タイプ

電球タイプ
E26の例

大抵の家によくあるタイプです。スイッチを切って冷ましてから電球を外し、口金のサイズを確認してください。実際上は刺さっていた電球のほうの外径を測った方が楽です。

大抵の場合外径26mm(E26)、あるいは17㎜(E17)です。よほど凝ったデザインの家でもない限り、11㎜(E11)はなかなかないでしょう。

E26であれば、分岐ソケットがそのまま使えます。

E17あるいはE11だった場合は、それぞれに適合するE17用変換ソケットE11用変換ソケットを噛ませ、そのうえで分岐ソケットを取り付けてください。

シーリングタイプ

シーリングタイプ

トイレでは稀ですがブタ鼻のような形状をした引っ掛けシーリングという形状だった場合、シーリング分岐ソケット変換ソケットを用いて元の照明を使うまま側面にコンセントを増設できます。

器具一体型タイプ

器具一体型タイプ

最新の家で見られるようになってきた、LED器具と電球が一体型になったタイプです。このタイプは電球ごと器具を外すといきなり電線が露出します。

このタイプは家庭のDIYで安全簡単に分岐することができません。以下の記事からアンダーカットを利用する方法を試みてください。

トイレ照明が分岐できなかった場合 アンダーカットを利用する

トイレ照明が分岐できなかった場合 アンダーカットを利用する

器具一体型照明を装備しているような家は最新の仕様になっていることが多く、この場合アンダーカットと言ってトイレのドアの下端と床の間に10㎜前後の換気用スキマがある確率が高いです。

廊下のコンセントなどから延長タップケーブルを伸ばし、このアンダーカットを通して通線するのがベターな方法となります。

試しに通線してみてドアの開閉に支障なければ、モールで整線すれば十分見栄えのするようになりますから、あきらめずやってみましょう。モールは安価で、設置も簡単です。

ケーブルをモールで整線する

ケーブルをモールで整線する

照明を分岐、あるいはアンダーカットから通線できたら、延長タップのケーブルをモールというプラスチックのケースでカバーしましょう。

ケーブルが壁伝いに露出したままでは、見た目にあまりにも仮設感が出すぎて落ち着きません。逆にモールでカバーしてやるだけでかなり本格工事のように見栄えがするようになりますから、ぜひ設置して効果を実感してください。

ダイソーモール

モールは100均でも、ホームセンターでもあります。設置ルートの長さを測って必要数を調達し、壁に貼り付けていきます。100均のものは接着力が弱いため、貼って剥がせる両面テープなどで補強しましょう。

ホームセンターのものは色が幅広く選べます。

ホームセンターのものは色が幅広く選べます。

大まかな直線部分だけモールする

カーブのところはカーブ専用パーツがありますが、そこまでこだわらなくても露出のままの方があとで抜き差しするときなど融通が利き、見た目もそんなに気にならないと思います。

とりあえず大まかな直線部分だけモールするようにすれば、家庭のDIYにおいては楽に安くコスト手間と効果のバランスを取れると思います。不足があればあとで買い足しても良いでしょう。

安全性の配慮

安全性の配慮

水場であるため、分岐したタップは水がかからないよう床からちょっと浮かせた壁面などに固定しておくのが望ましいです。

安全性に特に配慮したい場合は、漏電ヒューズを設置しておきましょう。

ご家庭に小さな子供や動物などがいる場合などは、ケーブルを引っ張られて断線などしてしまう可能性もあるため設置しておく方が良いです。

できるだけ安く簡単な方法からトイレ電源を試してみよう

できるだけ安く簡単な方法からトイレ電源を試してみよう

記事では分岐ソケットかアンダーカットを使い、トイレにコンセントを増設する方法をご紹介しました。

コンセントがないからとウォシュレットや機器をあきらめる必要はありません。むしろ逆に、コンセントが無いと思い込んでいた空間に簡単に電源を増設できると知ったら、他にもいろいろな器具を取り付けて暮らしを豊かにすることも考えられるようになります。

このような発想で他にもあなたの家に眠る電源ポテンシャルを活かしてみましょう。ベランダや庭に電源を増設する方法については、 ベランダ電源コンセント無料簡単DIY の記事をご覧ください。

おまけ 男性が座って小をするメリットが増えれば、座ってするようになるかも!?

男性が座って小をするメリット

電源を引き、朝のトイレを座ってしながら同時に電動ヒゲソリで髭を剃れば時短になります。ヒゲはトイレに流せます。絵的にちょっとあぶないスタイルなので、鍵はかけたほうがよいです。