このサイトについて

ホームセンター木材 種類価格別DIY性能一覧表

DIYのためにホームセンターへ行くと、そこには実に多種多様な木材が有るわけですが、その説明は全くありません。

ネットで調べると高額木材や工具、学者顔負けの植物学を目にすることができますが、私たちには樹木の微差を検証したり、測って切って釘打ち塗装し乾かすような時間も高価な機材も置き場もありません。

ホームセンター木材 種類価格別DIY性能一覧表

もっと要領よくやるには、ホームセンターにある木材全体の価格分布を把握できる一覧表と、世間一般のみんなが各材料を何に使っているかの常識、そして無加工でそのまま使った時にどんな雰囲気に仕上がるかの経験知識が必要です。

ホームセンターへ見にいったその足で、ホームセンターで格安綺麗にカットしてもらった材を持ち帰り、それをそのまま無加工で支障なく使える、そんな材料を素早く格安で選べるようになるならば、それに越したことはないでしょう。必要に応じてご利用ください。

この記事を著作する専門家

一級建築士

この記事は、数々の無加工・便利・時短系DIY記事を執筆し好評を博してきた現職設計士の筆者 デフラグライフより、実際に建設現場で種々の材に日々触れる立場からお送りします。

スポンサーリンク

ホームセンター木材 種類価格別DIY性能一覧表

ホームセンター
木材構造比較
コスト仕上重さ反り選択肢
無垢材15,000円〜
集成材5,000~15,000円
ランバーコア3,000~5,000円
合板2,000〜3,000円
木質ボード1,000〜3,000円
コストは概ね910×1,820×厚さ18mm(タタミ1畳分)程度の板1枚の価格

基本的に上記の表で構造別のコストと性能を理解すれば足ります。一応下記の表も載せますが、コスト以外はほとんど大差ないので、色を塗った箇所以外は別に知らなくても構いません。

ホームセンター
樹種比較
樹種コスト切削性釘耐力塗装性耐水性耐虫性耐久性
無垢材スギ18,000
集成材タモ15,000
ミックス12,000
アカシア10,000
アカマツ8,000
ヒノキ7,000
ラバーウッド7,000
スギ6,000
パイン6,000
ランバーコアポリ加工9,000
シナ6,000
ラワン4,000
合板ヒノキ3,000
ラワン3,000
針葉樹(SPF)3,000
ファルカタ3,000
木質ボード共通2,000
コストは概ね910×1,820×厚さ18mm(タタミ1畳分)程度の板1枚の価格

ホームセンターで一般に入手できる木板材の構造種別は、最初の方の表にある5種類です。樹木の種類による微妙な差異よりもまず、構造種別全体の価格分布を知っておいた方が、コスパの良い判断ができます。

コストは概ね910×1,820×厚さ18mm(タタミ1畳分)程度の板1枚の価格です。一覧表で見れば、ホームセンターの木材が樹種ではなく、主に構造種別によって価格帯がうまく分かれていると気づくでしょう。

ホームセンター木材 種類価格別DIY性能一覧表

高価で上等な構造ほど仕上げ材としてそのまま使うことを、下等な材ほど下地材として隠蔽ないし仮設で使われることを企図されています。しかし、その意図通りに使う必要はありません。特徴を活かせれば下等でも良いのです。それは記事でガイドします。

そしてまた上等な構造ほど組成に接着剤量が少なく天然で、下等なものはその逆です。しかし、天然高価だからといって必ずしも物性に優れているわけでありません。

仕上

仕上は、その材料の表面仕上げが丁寧か荒っぽいかの傾向です。当然クズ材でも丁寧に仕上げることはできますが、コストがムダに上昇します。なのでホームセンターでは上等な材種ほど丁寧に、下等な材ほど適当な仕上げで発売されます。

重さは比重ではなく、ホームセンターの扱う厚さの傾向も総合した実態です。比重は基本的に、上等な構造ほど接着剤の含有量が少ないので軽くなります。

しかし無垢材は反りやすいため、反りに抵抗する目的で厚く切り出される材ばかりで、結果的に重くなります。重さは、構造(接着剤量)と密接に関係しています。

反り

反りは、無加工に近いDIYをするなら最も重要な性能です。せっかく作った力作が、短時間でがたつくのは嫌なものです。

反り抵抗には構造のほかに厚さも重要です。筆者が実際にいろんな構造材を10年近く使い続けた経験からいうと、いずれの構造種別であっても、1畳以下程度の大きさで扱うには厚さ18mm以上あると安心できます。

選択肢は、ホームセンターでその構造の樹種がどれだけ豊富に選べるか、バリエーションの多さです。

ホームセンターを見てみよう

木材はネットでも買えますが、ホームセンターへ見に行くことをお勧めします。少しだけ私がツアーガイドしますので、ホームセンターで実物を触りながら以下を読んでみてください。大切なのは性能もさることながら、あなたが気に入る板を見つけることです。

無垢材

無垢材
無垢材:スギ。無垢材は節や板目がそのまま出るのが特徴。断面に貼り合わせた痕跡が一切ない
デフラグライフ
デフラグライフ

高級なバーや古民家カフェの特注カウンターみたいな雰囲気を目指すときに良いよ!

DIYでは綺麗に仕上げて天板やお盆など目立つ部位に使おう。塗装までする甲斐のある最高級品です。側板や底板には勿体無いし、反って大変なので金物や他の材にした方が良いです。

一般的には特注家具などに用いられています

無垢材とは文字通り丸木からそのまま1枚板を切り出したものです。木目が一方向に限定されるので、非常に反り易い材料です。反りに対抗するため厚い材ラインナップが多く、結果的に重くなります。

ムクボード

無垢材はホームセンターには滅多に置いていません。代わりに「ムクボード」というものがありますが、これは節の多い一本ものの角棒を貼り合わせた集成材です。

ムクボード:ヒノキ
ムクボード:ヒノキ。角棒を貼り合わせて構成されており、集成材。

このように断面を見れば、名前がどうあれ混乱せず材種構造が5種のうち何なのかを正しく識別できます。

集成材

集成材:アカシア
集成材:アカシア。色調豊かな表情の楽しめる材で、ホームセンターの最高級クラス樹種
デフラグライフ
デフラグライフ

現代的なワーキングスペースやカフェのような空間にしたい時、特に合う材料。選択肢が豊富で部屋に合わせられる!

DIYでは何にでも使えるオールラウンダーで、初めての木工なら最適の材料です。

一般的にはCLTや柱梁などとして、木造の見える部分に用いられているのを見ることが出来ます

集成材:インドネシアメルクシパイン
集成材:インドネシアメルクシパイン。ラジアタパインより産地が赤道よりでやや柔いが大差ない

集成材は断面を見れば分かる通り、角棒を接着剤で貼り合わせた材料です。無垢材に比べ木目方向が多少散り軽減されますが、長い時間と共に多少反ります

集成材
一般的な集成材はムクボードのような一本もの角棒でなく、長さ方向にも接着して継ぎ足しているので、表面でも継ぎ目がわかる。その代わり大きな節など欠点が取り除かれている
集成材:チリ、ニュージーランドラジアタパイン
集成材:チリ、ニュージーランドラジアタパイン

ホームセンターでは上等な材料の扱いで、綺麗に表面が整えられ、包装されています。ラインナップも充実しており、パイン(松)やタモ、スギ、ヒノキ、アカシア、ミックスなどいろんな種類選択を楽しめます。

集成材:樹種ミックス
集成材:樹種ミックス。個性的で目立つ、扱いの難しい材。価格はアカシア並みに高い

ランバーコア

ランバーコア
ランバーコアは節や欠点を取り除いた単板を表面に貼り付けており、クセの少ないすっきりした見た目になる
デフラグライフ
デフラグライフ

建築家のローコストデザイン住宅っぽくなる!シンプルでシャープな空間イメージになります。

DIYでは、軽くて反らないので長さ1m超えの大きな天板や棚板を作るとき集成材より安く合板より強く、すごく便利!

側板や底板には、釘が効きにくいので接着剤を併用しよう。

一般的にはスピーカーキャビネットや建具に用いられますが、その場合表面が仕上げで隠されているので、普段目にすることはありません

ランバーコアは角棒を接着剤で貼り合わせ、さらに合板でサンドイッチした材料です。集成材に比べさらに木目が散るので、ほとんど反りません

ランバーコア:シナ
ランバーコア:シナ。シナとはシナノキという国産木。ラワンより高くつく

芯材となる角棒にファルカタなど安く軽いが弱い材、表面の合板に比較的硬い材が用いられるので、軽さと硬さが両立された良い材料です。

ランバーコア:ラワン
ランバーコア:ラワン。断面を見れば角棒を貼り合わせ、単板でサンドイッチしているのが分かり容易に識別できる

ホームセンターでは中等な材料の扱いで、断面は集成材ほど処理されておらずササクレが多く危険です。怪我に気をつけて扱ってください。

ランバーコア:ポリ
ランバーコア:ポリ。表層を耐水ポリ加工した板。コストがかかり、風合いが失われるのでお勧めしない。ホームセンターの透明シートなどで防水した方が楽に済み、替えが利く

昨今の世界情勢により、ロシア針葉樹系の木材は特に品薄高騰しています。アジア広葉樹系の木材は安く買えるのでお勧めです。その意味で従来人気だった集成材や一般的だった合板、SPF2×4よりも、ラワンランバーコアのお買い得感は増しています。

合板

針葉樹を総称してSPFと呼ぶ場合もある
針葉樹を総称してSPFと呼ぶ場合もある。SPFとはスプルース(トウヒ)、パイン(松)、ファー(モミ)3種の頭文字。
SPFはツーバイフォーの素材として一般的
デフラグライフ
デフラグライフ

ガレージや作業場のような雰囲気作りにピッタリ!

DIYでは長さ1mを超すような天板や棚板には、18mm以上に厚くしないとたわみます。側板や底板の材料には十分な強さを発揮し、釘も効くので便利ですが、薄いので貫通に注意。

一般的には建物の下地、型枠、構造に用いられ、仕上げで隠されるので日常目にすることは少ないですが、誰でも一度はその断面を見たことがあるはずなので、そこまで悪目立ちしません

合板は単板を接着剤で貼り合わせた材料です。木目を直交させて貼るので平面方向に歪みにくいですが、角棒がないので断面方向に反ります

また、角棒がないので集成材やランバーコアに比べ接着剤の使用量が増え、重くなります。

ベニヤ

ベニヤ

ベニヤとは、ホームセンターや広く世間一般では、普通の合板そのもののことを指しているのが実態です。本来ベニヤとは(単板/Veneer)のことですが、単板を貼り合わせた合板のことをベニヤ合板というので、混同されるようになりました。

ベニヤ:ラワン
ベニヤ:ラワン。断面をよく見ると芯材が表層2枚でサンドイッチされており、これが合板であることがわかる。

なので一般の人は、ベニヤと言われたら合板のことを言いたいんだなと理解すれば足ります。逆に単板のことは、単に単板と呼びます。

野地合板:ラワン
野地合板:ラワン。野地板とは屋根に使う目的の合板で、耐水性の高い樹種かつ、積層が薄くて軽い板です。

コンパネ

コンパネ
JASとは農林水産省規格のこと。規格合致しないNON JASという低品質の安い板もある

コンパネとは合板の一種で、耐水性の高いラワン等で作られ、基本的に厚さ12mmで作られたものを指します。プロの現場で文字通りコンクリートの型枠パネルに用いられるので、必ずそういう材料になっています。

合板:コンパネ
合板:コンパネ。単板を何層も貼り合わせている断面。仕上げは荒い

型枠は使い捨てと思われがちですが、現場では出来るだけ何回か転用するのが実態で、例えば5階と6階で同じ形をしているような建物の建設では、5階で使った型枠を剥がしてそのまま6階で再使用したりしています。従ってコンパネは丈夫なものです。

パネコート
塗装合板:製品としてはパネコートやドルフィンコートが多い。コンクリート脱型用の片面耐水ツルツル塗装済み製品

構造用合板

構造用合板

構造用合板とは合板の一種で、JAS規格により耐水性、強度、表面処理品質の度合いが明示刻印されたものを指しますが、ホームセンターにあるのは基本的に厚さ12mm程度のものが中心です。

12mmは建築の下地補強材として壁のエアコンや家具取り付け面へ頻繁に用いられ、周囲の石膏ボード12.5mmと合わせることが多いためです。

構造用合板:ヒノキ
構造用合板:ヒノキ。ラワンよりわずかに高い。合板同士を断面で識別することはできない。表面の刻印だけが手がかりになる

逆に言えば、コンパネとか構造用とか野地板用とか付かない、無印の合板やベニヤは、ホームセンターでは厚さのラインナップが豊富な傾向となります。

下等な下地材料

ホームセンターではいずれも下等な下地材料の扱いで、断面処理はなく荒れています。表面はデカデカとインキで刻印がなされていたりします。

単体では軽くて弱すぎる
ファルカタはランバーコアの芯材にも使われる、単体では軽くて弱すぎる木
合板:ファルカタ
合板:ファルカタ。断面が白っぽく綺麗な合板。強度が低すぎるが、反面、加工しやすい。無加工DIYでは無用の存在

木質ボード

木質ボードにはMDF・パーティクル・OSBがあります。MDFは木粉や繊維、パーティクルはチップ、OSBは破片を多量の接着剤で固めたもので、非常に重い材料です。

木目が無いので収縮による反りはありませんが、長さ80cm程度を超える大きいものは自重でたわみます

デフラグライフ
デフラグライフ

大型家具には適さないけど、MDFを小さなスタンディングテーブルとかに使うと目新しく出来上がるよ!

パーティクル・OSBは使うだけで部屋のバックヤード、資材倉庫感が強くなるぞ。

DIYでは長さ80cmを超える天板・棚板には厚くしてもたわむので向いてません。短い天板や、側板・底板ならどこにでも使えるけど、釘があまり効かないので接着剤を併用しよう。

一般的にMDFは中小型の量産家具、例えば無印良品の製品などでも堂々と露出使用されており、広く受け入れられやすい風合いです。

パーティクルはカラーボックスや安い作り付け家具の芯材や床下の下地材に用いられ、OSBはツーバイフォーの壁に用いられますが、どちらも仕上げで隠されるので通常目にされることがなく、使うと目立ちます

MDF

MDF

木質ボードは組成に接着剤量が多く、非常に重くなります。特にMDFは重くなりすぎるため、18mm以上の材料はホームセンターにほとんど存在しません。

まったく木目も継ぎ目も積層もない
MDF。まったく木目も継ぎ目も積層もないが、木質だとわかる不思議な断面が特徴。見かけによらず死ぬほど重い

パーティクルボード

パーティクルボード
通称パーチ

パーティクルやOSBは木チップ主体である分MDFより軽く済むので、厚さ18mm以上の材もありますが、やはり重い材料であり、大きいと自重でたわみます。

断面はカラーボックスでお馴染み

ホルムアルデヒド発散等級F★★★★とは

Fと★の数で表されるホルムアルデヒド発散等級が、材料や塗料・接着剤容器の表面に刻印されていることがあります。家庭のDIYにおいては、刻印のあった場合は最高等級の四つ星F★★★★だけを使うようにしましょう。

建材の等級なので、基本的にホームセンターでは合板と木質ボード、塗料・接着剤だけに刻印があります。集成材や、他の建材でないDIY材料には刻印自体ありません。

プロの現場でも法的に厳しく規制されており、基本的に現在多くはF★★★★が用いられています。天井裏などはF★★★を用いても適法ですが、実のところ筆者は逆にF★★★★以外の製品が使われているのをまだ見たことがありません。

量産現場ならまだしも、家庭のDIYにおいてF★をケチって浮く金は数百円にすぎません。また、建物全体に使うわけでもなくほんの一部のDIY材料だろうと思います。ですから、あまり神経質に気にせず、気づいたらF★★★以下の製品を避ける程度で心配なく扱えます。

パーティクルの表面にメラミンやポリなどで木目を印刷した材料も、低圧メラミン化粧板やポリ化粧板などといった名前でホームセンターで買うことができます。

化粧板にはウォルナットやオークなど天然だと高すぎる材の色味を手軽に楽しめる良さがあり、カラーボックスなど企業製品で極めて大量に用いられていますが、DIYでは断面を上手に隠す加工が必要になるため難しい材料です。

ホームセンターにある化粧板表面の手触りは総じてツルツルでやや光沢が出て質感に劣るので、直接手に触れる天板などを避け、戸棚など遠目や薄暗い部位に使うと長所を活かせます。

OSB

OSB
非常に重い
OSB。リサイクル感を演出したい場面なら露出で役立つ。非常に重い

ホームセンターではMDFは中等、パーティクルとOSBは下等な材料の扱いで、MDFは滑らかに表面処理されており、パーティクルとOSBは切りっぱなしでインキの刻印もあります。

樹種別の加工性耐久性、コストについて

切削や釘打ち、塗装乗りなど加工性、耐水性や耐虫、耐久性については、以下再掲の通りです。しかし、無視して構いません。コストだけ概観すれば足ります。

ホームセンター
樹種比較
樹種コスト切削性釘耐力塗装性耐水性耐虫性耐久性
無垢材スギ18,000
集成材タモ15,000
アカシア10,000
ミックス10,000
アカマツ8,000
ヒノキ(節有)7,000
ラバーウッド7,000
スギ(節有)6,000
パイン6,000
ランバーコアポリ加工9,000
シナ6,000
ラワン4,000
合板ヒノキ3,000
ラワン3,000
針葉樹(SPF)3,000
ファルカタ3,000
木質ボード共通2,000
再掲:コストは概ね910×1,820×厚さ18mm(タタミ1畳分)程度の板1枚の価格

ホームセンターには切削加工性の悪い木は置いてません。また、やれば分かりますがノコギリやソーガイド切削はひどい苦行で、電動工具は高価で散らかり面倒です。

ホームセンターに指示し切ってもらった方が安く美しく早く楽に仕上がり、1カット100円しません。もしそうするなら、樹種別加工性の知識はなおさら不要になります。

ミックス

釘打ち耐力は良質な接着剤とSUS釘を併用すれば結果に大差ありませんし、より強力に固定したいなら併用すべきです。固定度がカラーボックス程度で良いなら、市販品がそうであるように、ビスだけでも足ります。

塗装は結局下地処理しなければどんな木でもうまくいきません。どうせ目荒らしや薬で下地処理するなら多少の樹木特性差などコストほどの効果もありません。

アカマツ

耐水耐朽耐虫性はマニアックな木を知ったところで売ってません。ヒノキやヒバが優れるといっても、旅先でヒノキ風呂がカビているのを見たことがあると思います。

スギ

加工性耐久性について、要するにDIYにおいてはどの樹種でも微差にすぎず、20年使うログハウスでも作るのでない限り、DIYにおいて重要でありません。

少なくとも費用時間対効率が悪く、これらの目的には樹種でなく接着剤併用や防水シート、目荒らし下地塗布など加工による手段をとった方が良い結果が得られ、安く済みます。

性能を構造に求め、好みを樹種に求めよう

木材があなたのDIYに必要な性能を満たしているかどうかは選択の最低条件です。そしてホームセンターの木材性能を決定的に左右しているのは、樹木の種類でなく構造種別なのが実態です。

構造種別とコスパの分布さえ的確にイメージできるようになれば、失敗はなくなるでしょう。

性能を構造に求め、好みを樹種に求めよう

その上で最も大切なことは、あなたが気に入って使い続けられる材を見つけられるかどうかです。その時こそ、樹木の種類がものをいいます。千差万別の表情を見せる木々の違いの中から、本当に好きなものを、先に決めた構造種別の範囲内で選ぶと良いでしょう。

私からのガイドはここまでです。具体的な無加工DIYの実例には、下記の記事をご参考ください。あなたの休暇が実り多きものとなりますよう。。

読者コメント