食器に使える接着剤 タイトボンド応用4例

タイトボンドⅢ DIYにベストな進化形木工ボンド では、タイトボンドの基本性能とシリーズ商品との比較、使い方のコツを紹介しました。

この記事では、食器に使える接着剤を探している方に数種の選択肢と共にタイトボンド3をご紹介し、どれを選べば良いかの助けを提供できればと思います。

また、タイトボンドを特殊な用途ーパテやニカワの代用、レジンや防水剤の代用、その他この接着剤の優れた特徴を活かしてDIYなどに幅広く応用したいとお考えの方に、筆者の実験結果を交えて実例をご紹介します。

具体的な食器修理の手順については、安全・簡単格安 現代的”金継ぎ”食器修理のやり方 をご覧ください。

食器に使える接着剤 タイトボンド応用4例

タイトボンド3の食器への使用

タイトボンドⅢはメーカーによって食品安全性の認証が取得されており、食器への使用は十分検討できます。

あとはどれほどの高温、低温、酸に耐えられるのか タイトボンドの米国公式サイト を見てみましょう。

米国公式サイト情報

【認証】
〇ANSI / HPVA Type I仕様(防水)
〇食品の間接接触についてFDA(米国食品医薬品局)に承認されており、キッチンでの使用に最適
【成分・物性】
〇成分:有機高分子化合物52%、水48%
〇VOC検出量:9g/L
〇引火点:93.3℃
〇凍結/解凍安定性:安定
〇pH:2.5
【注意事項】
〇凍結しないこと

メーカー自身が公的機関の承認を得てキッチンでの使用も推奨しており、食品安全性はある程度信頼しても良いでしょう。

成分にも溶剤を含んでいないことが分かります。公式情報では成分は Advanced Proprietary Polymer となっており、国内代理店の輸入品ラベルには有機高分子化合物とあります。

Advanced Proprietary Polymer

ただしVOCはゼロではなく、微量ながら含まれています。ゼロをお求めの方はウルシの使用をご検討ください。このあと記載しています。

引火点は93.3度ですから、食洗機の洗浄はOKです。ただし洗浄直後食器が高熱になっている間は接着力が1/5程度に落ちます。

厳密にはタイトボンドの公式には耐熱温度情報があり、通常4000psiの強度が65度以上で800psiに落ちます。換算すると1平方cmあたり56kgfの力です。大抵の食器の通常使用には耐えると思われます。

ちなみに筆者の実験では、タイトボンドでカップを修理後に水を入れて電子レンジでチンしましたが、特に問題なく使用できました。接着剤がちゃんと中まで固まっていれば、レンジもOKのようです。

その他、凍結と解凍を繰り返しても成分に変化は起きないようですが、もとの成分に水分が多いため凍結すると体積が膨張します。

割れた食器の修理に用いた場合などは凍結すると再び破損してしまうので注意しましょう。

pHは2.5となっており、これは酢と同じ程度の酸性です。もとから酸性なので食品の酸による影響は心配ないでしょう。

食品安全性のある類似接着剤7種との比較

国内で食品衛生法に適合する接着剤4種と、天然ウルシ、ウルシ代替品のカシュー及びウレタン樹脂についてざっと比較し、タイトボンドとどう使い分けるか検討しておくとより失敗が少なくなります。

食品衛生法に適合し、瞬間接着剤なので使用目的次第では便利です。

食品衛生法に適合しますが、接着剤というよりパテです。最小容量も450gと多めです。

高価で、使用にガンが必要なため家庭でのDIY目的使用には不便です。

食品衛生法適合ですが、使用にガンの購入が必要です。

これらはいずれも産業用の製品なので、家庭で利用するには量が多すぎたりAmazonで買えなかったりで色々と不便だと思います。

ウルシとの比較

天然素材で伝統的に食器の塗料(漆器)や補修材料(金継ぎ)として使われてきました。熱湯でなければ耐えられるので汁椀などにも使えます。しかし非常に高価です。

食品安全性を最優先に、接着強度と利便性、コストと見栄えを総合的に考えるならば、 タイトボンド3で接着後表面にウルシを塗ると両方のメリットを活かせるでしょう。

亀裂面をあえて目立つ金銀で塗る金継ぎ修理法

当サイトではこの概念を一歩進め、安全性を最優先に、漆の欠点であった高い価格、手につくとかぶれる性質、多数の道具と時間を要する煩雑性、を解決した技法を制作しました。ぜひ 安全・簡単格安 現代的”金継ぎ”食器修理のやり方 をご一読ください。

ウルシの代用品として作られたもので、ウレタン樹脂です。ウレタン樹脂のなかには品名にうるしを謳うものもあるので天然ウルシにこだわる方は購入前に注意が必要です。

カシュー(ウレタン樹脂ウルシ)の価格は天然ウルシよりずっと安いです。どちらかというと接着剤というより塗料に近いものです。

人工のウレタン樹脂でも食品衛生法に適合する物があります。ただ、人工素材で食品安全性を有する接着剤という意味では、タイトボンド3の方が多くの点でより便利な特性があると思います。

なおニカワは天然素材ですが匂いますし熱に弱く食器には不適です。

タイトボンド3の特徴を活かしたその他のDIY応用アイデア3例

防水コーティングの代用として

接着剤自体に耐水性が有るので防水材料として機能します。ただし硬化時の収縮を考慮して防水したい対象を十分カバーするような使い方がコツです。

防水コーティングの代用として

写真はラップで磁石防水を施した上、磁石を石鹸に埋め込んで表面をタイトボンドで防水コーティング的に覆ってみたものです。

タイトボンドの耐水性を活かして磁石を埋め、陶器の洗面台に100均の磁性ステンレス板をタイトボンドで貼って石鹸を浮かせてみました。石鹸カス汚れや邪魔な石鹸皿に悩まされなくなります。

石鹸を洗面台の中に浮かす
石鹸を洗面台の中に浮かす

この方法を実際に試してみたい方は、 水回り品を浮かせる収納法4選 をご覧ください。石鹸やスポンジをはじめ浮かせて清潔便利な水回り品を多数取り扱っています。

なお、タイトボンドは後で加熱して楽にはがせます。詳しくは タイトボンドⅢ DIYにベストな進化形木工ボンド をご覧ください。

にかわやパテの代用として

パテとしての用法は公式には案内されていません。しかし成分の半分が水なので、水で薄めたり木屑を混ぜたりして粘度をコントロールして利用することは出来ます。

メーカー公式情報

〇成分:有機高分子化合物52%、水48%
〇粘度:4200cps

初期状態で粘度4200cps、だいたい高級系のシャンプーくらいのイメージです。

木屑やアクリルパウダーを混ぜることは可能ですが、ネバネバになるだけでパテ粘土のようにはなりません。

なので盛るような使い方はできませんが、スキマ埋めや補修剤の代用としてなら使用できます。

逆に広い面積に一気に塗りたいときは、接着強度は落ちますがボンド8:水2くらいに薄めれば粘度が下がりハケで塗れるようになるので丁度良いです。

にかわの代用としては、下記タイトボンドシリーズの茶色のボトルが適切で廉価です。

レジンの代用として

レジンの代用として

レジンの代用として使うことはできますが、硬さが足りないのであくまで試作用が限界です。

型はシリコンが適します。仕上がりは茶色で、切削できる程度の硬さはありますが爪を立てると傷が残る程度の柔らかさです。

3mm以上の厚いものは完全硬化までに丸4日以上かかります。また、収縮も大きいです。

高価で硬化時間に縛られる本物のレジンで作る前の簡易なテスト、試作としての用途が適すると思います。

タイトボンドの特性を活かしてDIYアイデアの幅を広げてみよう

食器へ使用可能な接着剤には、単に食器の修理をするという以上の使い道があります。

冒頭紹介した 安全・簡単格安 現代的”金継ぎ”食器修理のやり方 では伝統技能を現代の道具で簡単に再現することで、安い食器を骨董品のように作り変える方法を紹介しています。

あるいは食器類に防水磁石を接着することで食器を浮かせて収納し、常に乾いた清潔な状態にしておける使い道もあります。小物やガジェット類に磁石を取り付ける方法テーブル下リモコン収納 貼って剥がせる100均マグネットDIY をご覧ください。

ほかにもDIYアイデアの視野を広げるものとして、この記事の情報がお役に立てばと思います。タイトボンドの正確な基本性能や類似品との比較、使い方のコツについては、タイトボンドⅢ DIYにベストな進化形木工ボンド をご覧ください。